• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

【そうだ食べに行こう】満腹感だけじゃなく“気づき”の食が味わえる定食屋

■「遊と捨を生きる」田村久雄著
菊谷文庫(1200円+税)

 曽祖父が農民、祖父が米屋、父が八百屋とスーパー、そして料理人である著者は定食屋。「遊と捨を生きる」は、池袋の名店「美松」店主が食への静かなる思いをつづる。大切なのは、流行の無農薬や自然食ではなく、作る側も食べる側も自然体でいること。満腹になるだけの食事ではなく、足るを知る“気づき”の食が心を豊かにすると説く。

 東日本大震災以降は情報に惑わされず、放射能対策を取り、シンプルな食材で滋味あふれる食事を提供。特製味噌汁とコロッケのレシピも掲載してあり、ぜひ一度足を運んで食してみたい定食屋だ。

■「うますぎ! 東京カレー」伊藤ハムスター、小野員裕著
メディアファクトリー(1100円+税)

「うますぎ!東京カレー」は日本人の国民食・カレーが主役。横濱カレーミュージアム初代名誉館長でもある小野氏が東京都内の名店30店を案内。イラストレーターの伊藤氏が抜群の表現力とコミカルな描写でカレーの魅力を伝えるコミックエッセーである。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  2. 2

    「まだ監督じゃない」発言で騒動に…渦中の中畑清氏を直撃

  3. 3

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  4. 4

    豊漁が一転、不漁に…サンマは北海道地震を知っていたのか

  5. 5

    ベンチの焦りが選手に伝染 今季巨人のBクラス争いは必然

  6. 6

    データ分析室も機能せず…巨人に“天敵投手”続々の真犯人

  7. 7

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  8. 8

    「江戸むらさき」磯山良司さんが実家ラーメン店で働くワケ

  9. 9

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  10. 10

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

もっと見る