【そうだ食べに行こう】満腹感だけじゃなく“気づき”の食が味わえる定食屋

公開日: 更新日:

■「遊と捨を生きる」田村久雄著
菊谷文庫(1200円+税)

 曽祖父が農民、祖父が米屋、父が八百屋とスーパー、そして料理人である著者は定食屋。「遊と捨を生きる」は、池袋の名店「美松」店主が食への静かなる思いをつづる。大切なのは、流行の無農薬や自然食ではなく、作る側も食べる側も自然体でいること。満腹になるだけの食事ではなく、足るを知る“気づき”の食が心を豊かにすると説く。

 東日本大震災以降は情報に惑わされず、放射能対策を取り、シンプルな食材で滋味あふれる食事を提供。特製味噌汁とコロッケのレシピも掲載してあり、ぜひ一度足を運んで食してみたい定食屋だ。

■「うますぎ! 東京カレー」伊藤ハムスター、小野員裕著
メディアファクトリー(1100円+税)

「うますぎ!東京カレー」は日本人の国民食・カレーが主役。横濱カレーミュージアム初代名誉館長でもある小野氏が東京都内の名店30店を案内。イラストレーターの伊藤氏が抜群の表現力とコミカルな描写でカレーの魅力を伝えるコミックエッセーである。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  2. 2

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  3. 3

    菅首相にバイデン“塩対応”…五輪は「開催努力」支持どまり

  4. 4

    松山は偉業達成も…ちょっと残念だった日本語優勝スピーチ

  5. 5

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  6. 6

    小池知事の無策が招くGW明け新規感染3800人の最悪シナリオ

  7. 7

    オリラジ中田も株で億万長者だが…金融庁投資推奨の危うさ

  8. 8

    ダウンタウン浜田雅功がアラ還にして成功した"可愛い戦略"

  9. 9

    菅首相が米ファイザー直接交渉で赤っ恥 CEOとの対面が頓挫

  10. 10

    日米首脳会談“台湾問題”中国激怒で打撃を受けかねない14社

もっと見る

人気キーワード