• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

【そうだ食べに行こう】満腹感だけじゃなく“気づき”の食が味わえる定食屋

■「遊と捨を生きる」田村久雄著
菊谷文庫(1200円+税)

 曽祖父が農民、祖父が米屋、父が八百屋とスーパー、そして料理人である著者は定食屋。「遊と捨を生きる」は、池袋の名店「美松」店主が食への静かなる思いをつづる。大切なのは、流行の無農薬や自然食ではなく、作る側も食べる側も自然体でいること。満腹になるだけの食事ではなく、足るを知る“気づき”の食が心を豊かにすると説く。

 東日本大震災以降は情報に惑わされず、放射能対策を取り、シンプルな食材で滋味あふれる食事を提供。特製味噌汁とコロッケのレシピも掲載してあり、ぜひ一度足を運んで食してみたい定食屋だ。

■「うますぎ! 東京カレー」伊藤ハムスター、小野員裕著
メディアファクトリー(1100円+税)

「うますぎ!東京カレー」は日本人の国民食・カレーが主役。横濱カレーミュージアム初代名誉館長でもある小野氏が東京都内の名店30店を案内。イラストレーターの伊藤氏が抜群の表現力とコミカルな描写でカレーの魅力を伝えるコミックエッセーである。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  2. 2

    90年代はやりたい放題だった…とんねるずへのノスタルジー

  3. 3

    野田聖子氏周辺に疑惑 仮想通貨「GACKTコイン」接点は?

  4. 4

    乃木坂46白石麻衣 不可解なドタキャン騒動に大ブーイング

  5. 5

    なぜ? 「大阪万博」スポンサーに米国カジノ企業が次々と

  6. 6

    安倍首相を守り栄転 太田理財局長は“論功行賞”で主計局長

  7. 7

    広島追撃にキーマン不在…巨人・坂本は長期離脱の可能性も

  8. 8

    安倍首相を悩ませる 金正恩の「拉致問題」への対応一変

  9. 9

    ユニクロの狙いは? フェデラーと“10年300億円契約”の意味

  10. 10

    48歳・仙道敦子「この世界の片隅に」で女優復帰の舞台裏

もっと見る