「旅はときどき奇妙な匂いがする」宮田珠己著

公開日: 更新日:

 数年前から右足に謎の痛みを感じるようになった著者は、病院に行っても原因がわからないその痛みを「ペリー」と名付け、ペリー来襲から逃れるべく休暇旅行に出かけた。若い頃に追求した他の誰にもできない自分だけの旅でも、紀行文を書くことを目的とした仕事のための旅でもなく、悩みを軽減するために自分の気分と都合だけを優先した自由な旅の原風景に戻ろうと決意したのだ。

 そんな気分で選んだ旅先は、台湾、マレーシア、インド、熊本。心の底からリラックスできる旅をするため、ボロボロの文庫本を荷物に忍び込ませ、飛行機恐怖症の軽減策を考え、心の赴くままホテルや散策する町を選択してアジアをさまよう。果たして、休暇としての理想的な旅は実現できたのか――。

 サラリーマン生活を経て、「旅の理不尽」でデビューした著者による迷走旅エッセー。旅先の見どころを紹介した紀行文と違い、気ままな旅ならではの非日常感をユーモアたっぷりにつづっている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    近藤春菜の地上波激減に友近真っ青…大きすぎた反旗の代償

  2. 2

    大阪の“二の舞”か5.4万人入院できず…迫る最悪の医療崩壊

  3. 3

    オリラジ藤森慎吾 “司会1時間1000万円”オファー断った嗅覚

  4. 4

    小池都知事が大誤算…「東京五輪中止」ブチ上げの効果消失

  5. 5

    菅政権に“地獄の2週間” 宣言延長と五輪中止は「5.28決着」

  6. 6

    三田寛子が不倫を繰り返す夫・中村芝翫と離婚しない理由

  7. 7

    「リコカツ」永山瑛太の新機軸 守られたい女子急増の予感

  8. 8

    大谷二刀流が意外な不人気の謎解き 報道とファンは対照的

  9. 9

    夏目三久“女子の本懐”と玉の輿 フリーアナ戦線から一抜け

  10. 10

    浜崎あゆみ第2子出産報告に「窮屈さ」を感じるのはなぜか

もっと見る

人気キーワード