• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「旅はときどき奇妙な匂いがする」宮田珠己著

 数年前から右足に謎の痛みを感じるようになった著者は、病院に行っても原因がわからないその痛みを「ペリー」と名付け、ペリー来襲から逃れるべく休暇旅行に出かけた。若い頃に追求した他の誰にもできない自分だけの旅でも、紀行文を書くことを目的とした仕事のための旅でもなく、悩みを軽減するために自分の気分と都合だけを優先した自由な旅の原風景に戻ろうと決意したのだ。

 そんな気分で選んだ旅先は、台湾、マレーシア、インド、熊本。心の底からリラックスできる旅をするため、ボロボロの文庫本を荷物に忍び込ませ、飛行機恐怖症の軽減策を考え、心の赴くままホテルや散策する町を選択してアジアをさまよう。果たして、休暇としての理想的な旅は実現できたのか――。

 サラリーマン生活を経て、「旅の理不尽」でデビューした著者による迷走旅エッセー。旅先の見どころを紹介した紀行文と違い、気ままな旅ならではの非日常感をユーモアたっぷりにつづっている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    元立教大生に聞いた 「奨学金破産」で人生転落するまで

  2. 2

    “玉木宏ロス”の癒やしに 坂口健太郎だけが持つ3つの魅力

  3. 3

    米が次期戦闘機ゴリ押し 安倍政権は血税1400億円をドブに

  4. 4

    73歳会長と親密交際 華原朋美“天性の愛人”のジジ殺し秘術

  5. 5

    結婚を前提に交際中…高畑充希を両親に紹介した坂口健太郎

  6. 6

    官邸が“裏口入学リスト”回収…不正合格事件が政界に波及か

  7. 7

    仲間由紀恵の病院通いも…周囲が案じる田中哲司の“悪い虫”

  8. 8

    カジノ法案 胴元がカネ貸し「2カ月無利子」の危険なワナ

  9. 9

    広島・菊池、ソフトバンク柳田も…地方の大学生を見逃すな

  10. 10

    加計獣医学部 図書館に本のない大学の設置認可は前代未聞

もっと見る