「牛乳は子どもによくない」佐藤章夫著

公開日:  更新日:

 1954年の学校給食法制定以降、日本では給食の献立に牛乳を加えることを強制し続けている。しかし本書は、牛乳の押しつけを直ちにやめるべきと警鐘を鳴らす。

 牛乳はカルシウムの供給源として欠かせないものと思われているが、実は牛乳に豊富なタンパク質の取り過ぎが、何と骨粗しょう症のリスクを高めることが、近年の研究から明らかになっているという。さらに、妊娠した牛から搾られている牛乳には、大量の女性ホルモンと黄体ホルモンが含まれている。これらが、女性の乳がんと男性の前立腺がんの増加に大きく関わっている可能性があるという。

 実際、乳製品消費量の増えた1950年代以降、これらのがんが増加している。

 これでも、牛乳を飲むべきか。

(PHP研究所 980円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  2. 2

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  3. 3

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  4. 4

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  5. 5

    常盤貴子「グッドワイフ」上昇のカギは美魔女の輝きと気概

  6. 6

    広島対策は“丸投げ”? 巨人スタッフ会議で投打コーチ言及

  7. 7

    高校ラグビー決勝戦で話題に 各地の「桐蔭」の由来は?

  8. 8

    主力組中心か…アジア杯サウジ戦の予想布陣に釜本氏が疑問

  9. 9

    史上最弱横綱・稀勢の里 引退した途端“英雄扱い”の違和感

  10. 10

    ボールの下にバットを入れる“ホームラン打法”に対する誤解

もっと見る