• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「心の病が職場を潰す」岩波明著

 うつ病などの精神疾患を患う人のためのものではなく、患者の周囲にいる人のための本書。近年、日本の職場には精神疾患によって勤務に支障を来す人が増えている。そして、長引く不況で人員がギリギリまで減らされているため、休んでいる人の仕事のフォローなど、その他の人の負担が非常に大きくなっている。何カ月も続くようだと職場は疲弊し、“いっそ辞めてくれれば新しい人員が補充できるのに……”という声も増えてくるだろう。

 本書では、精神科医の著者が職場に蔓延する各種の精神疾患について詳しく解説。そして、これらが発症しやすい職場環境についても触れたのち、休職から復職に至るまでのモデルケースについても紹介している。

 企業人は必読だ。

(新潮社 760円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権また後手後手 西日本豪雨の補正予算が置き去りに

  2. 2

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  3. 3

    日大アメフト部新監督 立命大OB内定に選手らは拒否反応

  4. 4

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  5. 5

    政財界とも結びつき深く…故・浅利慶太さんの「功と罪」

  6. 6

    傲慢でぶれない自民党と公明党 国民のことは考えていない

  7. 7

    サンドウィッチマン富澤 2007年M-1優勝の瞬間を振り返る

  8. 8

    生田悦子さん 最期の言葉は「サンドイッチ買ってきて」

  9. 9

    ドラマ引っ張りだこ 「高嶺の花」でも話題の峯田和伸って

  10. 10

    英紙も警告 2020年の東京五輪は“殺人オリンピック”になる

もっと見る