「うんこがへんないきもの」早川いくを著、寺西晃絵

公開日:  更新日:

 さまざまな生き物たちの「うんこ」に注目したサイエンスエッセー。

 東アフリカの草原に点在する岩山「コプジェ」に生息するハイラックスは、断崖絶壁に後ろ向きに立ち、尻を突き出して排泄。群れ全部が代々同じ場所を公衆便所のように使用しているという。オスは常に便所を点検して、メスが交尾可能かチェックする。さらに彼らの尿には薬用成分があり、古くから治療にも用いられていたそうだ。その他、背中にうんこを背負い、身を守るカメノコハムシの幼虫や、スペインの圧政から解放されたペルーに莫大な富をもたらしたペルーカツオドリの堆積糞など。19種の生き物たちのうんこの不思議を紹介する面白ウンチク本。

(KADOKAWA 1430円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  2. 2

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  3. 3

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  4. 4

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  5. 5

    日米野球で打率4割 SB柳田“33歳でメジャー挑戦”の現実味は

  6. 6

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  7. 7

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  8. 8

    巨人“台湾の大王”王柏融スルーは広島FA丸取り自信の表れ

  9. 9

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  10. 10

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

もっと見る