「医者に聞きたくても聞けない がんの質問41」川嶋朗著

公開日:  更新日:

 日本人男性の2人に1人、女性の3人に1人ががんにかかる時代だが、がんの知識が乏しく、多くの患者が医師に命を丸投げしているのが現状だ。そこで本書では、よりよい治療を受けるために知っておきたい、41の項目について取り上げている。

 まず、がんや治療法について医師に積極的に質問しても嫌われないか。うるさい患者は煙たがられそうだが、実は“私はここまで知っている”ということをPRしておいた方が、医師から見下されなくて済む。医師が多少“うるさい”と感じる患者は、同時に“侮れない”とも思うもの。対応や説明も丁寧になるはずだ。

 他にも、治療前の「同意書」の法的拘束力や、医師が勧める抗がん剤がどれだけ効くのかなどについても解説している。

(宝島社 1200円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  2. 2

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  3. 3

    警察が運営阻止? 6代目山口組・高山若頭に早くも再逮捕説

  4. 4

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  5. 5

    30歳適齢期は昔話 石原さとみ&深田恭子が結婚しないワケ

  6. 6

    したたか仏政府 ルノーとの経営統合要求で日産“強奪”狙い

  7. 7

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  8. 8

    持ち家派も…定年後は限りなく“住居費負担ゼロ”を目指す

  9. 9

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  10. 10

    やっぱり賃金は下がっている 虚飾の政権で沈む日本経済

もっと見る