• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「医者に聞きたくても聞けない がんの質問41」川嶋朗著

 日本人男性の2人に1人、女性の3人に1人ががんにかかる時代だが、がんの知識が乏しく、多くの患者が医師に命を丸投げしているのが現状だ。そこで本書では、よりよい治療を受けるために知っておきたい、41の項目について取り上げている。

 まず、がんや治療法について医師に積極的に質問しても嫌われないか。うるさい患者は煙たがられそうだが、実は“私はここまで知っている”ということをPRしておいた方が、医師から見下されなくて済む。医師が多少“うるさい”と感じる患者は、同時に“侮れない”とも思うもの。対応や説明も丁寧になるはずだ。

 他にも、治療前の「同意書」の法的拘束力や、医師が勧める抗がん剤がどれだけ効くのかなどについても解説している。

(宝島社 1200円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  2. 2

    やはり妊娠?デキ婚でもビクともしない前田敦子の“規格外”

  3. 3

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

  4. 4

    安倍3選で現実味を増す “日本版リーマン・ショック”の到来

  5. 5

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  6. 6

    崩れた圧勝皮算用 安倍3選という「終わりの始まり」<上>

  7. 7

    シールで聴衆選別…「ヤメロ」コール徹底排除した安倍陣営

  8. 8

    美女とデート報道 田原俊彦は干されても腐らず再ブレーク

  9. 9

    恫喝して票集めるよりも 討論会用の替え玉を用意したら?

  10. 10

    ロング丈ワンピ姿に注目 前田敦子はやっぱり“おめでた”か

もっと見る