• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「医者に聞きたくても聞けない がんの質問41」川嶋朗著

 日本人男性の2人に1人、女性の3人に1人ががんにかかる時代だが、がんの知識が乏しく、多くの患者が医師に命を丸投げしているのが現状だ。そこで本書では、よりよい治療を受けるために知っておきたい、41の項目について取り上げている。

 まず、がんや治療法について医師に積極的に質問しても嫌われないか。うるさい患者は煙たがられそうだが、実は“私はここまで知っている”ということをPRしておいた方が、医師から見下されなくて済む。医師が多少“うるさい”と感じる患者は、同時に“侮れない”とも思うもの。対応や説明も丁寧になるはずだ。

 他にも、治療前の「同意書」の法的拘束力や、医師が勧める抗がん剤がどれだけ効くのかなどについても解説している。

(宝島社 1200円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  2. 2

    英紙も警告 2020年の東京五輪は“殺人オリンピック”になる

  3. 3

    豪雨初動遅れも反省なし…安倍政権が強弁するウソと言い訳

  4. 4

    否定会見で墓穴 古屋圭司議員の“裏金”疑惑ますます深まる

  5. 5

    ZOZO社長とW杯決勝観戦 剛力彩芽“はじけっぷり”に心配の声

  6. 6

    検察は動くか アベトモ古屋議員に裏金疑惑が浮上 

  7. 7

    主砲にも日本語でタメ口 エンゼルス大谷「英語力」の謎

  8. 8

    “苦戦の戦犯”は金本監督 阪神の凡ミス多発は意識の低さ

  9. 9

    助っ人はベンチに 阪神・金本監督はロサリオが嫌いなのか

  10. 10

    9月の過密日程より心配 阪神が抱える“ロサリオ・大山問題”

もっと見る