• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「ネムリユスリカのふしぎな世界」黄川田隆洋著

 カラカラに干からびても水をかけるだけで生き返るネムリユスリカの秘密に迫るサイエンス本。

 乾燥だけでなく、100度近い高温や氷点下270度の超低温も、さらには人間が耐えられる1000倍近い放射線を浴びても、そして宇宙空間でさえ、死なない状態で存在し続けることができるそうだ。1万5000種もいるユスリカの中で、アフリカにすむネムリユスリカだけがこの特殊な能力を持っているという。

 ネムリユスリカが「死んだ」状態から「生き返る」ことができるのはなぜか。この能力を他の生き物に移植することはできるのか。ネムリユスリカだけが持つ遺伝子など、その驚くべき能力を解き明かす。

(ウェッジ 1600円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  2. 2

    英紙も警告 2020年の東京五輪は“殺人オリンピック”になる

  3. 3

    豪雨初動遅れも反省なし…安倍政権が強弁するウソと言い訳

  4. 4

    否定会見で墓穴 古屋圭司議員の“裏金”疑惑ますます深まる

  5. 5

    ZOZO社長とW杯決勝観戦 剛力彩芽“はじけっぷり”に心配の声

  6. 6

    検察は動くか アベトモ古屋議員に裏金疑惑が浮上 

  7. 7

    主砲にも日本語でタメ口 エンゼルス大谷「英語力」の謎

  8. 8

    “苦戦の戦犯”は金本監督 阪神の凡ミス多発は意識の低さ

  9. 9

    助っ人はベンチに 阪神・金本監督はロサリオが嫌いなのか

  10. 10

    9月の過密日程より心配 阪神が抱える“ロサリオ・大山問題”

もっと見る