「ネムリユスリカのふしぎな世界」黄川田隆洋著

公開日:  更新日:

 カラカラに干からびても水をかけるだけで生き返るネムリユスリカの秘密に迫るサイエンス本。

 乾燥だけでなく、100度近い高温や氷点下270度の超低温も、さらには人間が耐えられる1000倍近い放射線を浴びても、そして宇宙空間でさえ、死なない状態で存在し続けることができるそうだ。1万5000種もいるユスリカの中で、アフリカにすむネムリユスリカだけがこの特殊な能力を持っているという。

 ネムリユスリカが「死んだ」状態から「生き返る」ことができるのはなぜか。この能力を他の生き物に移植することはできるのか。ネムリユスリカだけが持つ遺伝子など、その驚くべき能力を解き明かす。

(ウェッジ 1600円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  2. 2

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

  3. 3

    実はボンボン 桜田大臣“大工あがりの叩き上げ”は経歴詐称

  4. 4

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  5. 5

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  6. 6

    ロッテに対抗し青天井 巨人がFA丸に5年35億~40億円の狂気

  7. 7

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  8. 8

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  9. 9

    日ハム残留希望も…レアードを巨人・楽天・ソフトBが狙う

  10. 10

    FA浅村の楽天入り決定 ソフトBは“赤っ恥”で来季へ遺恨残す

もっと見る