「ネムリユスリカのふしぎな世界」黄川田隆洋著

公開日:  更新日:

 カラカラに干からびても水をかけるだけで生き返るネムリユスリカの秘密に迫るサイエンス本。

 乾燥だけでなく、100度近い高温や氷点下270度の超低温も、さらには人間が耐えられる1000倍近い放射線を浴びても、そして宇宙空間でさえ、死なない状態で存在し続けることができるそうだ。1万5000種もいるユスリカの中で、アフリカにすむネムリユスリカだけがこの特殊な能力を持っているという。

 ネムリユスリカが「死んだ」状態から「生き返る」ことができるのはなぜか。この能力を他の生き物に移植することはできるのか。ネムリユスリカだけが持つ遺伝子など、その驚くべき能力を解き明かす。

(ウェッジ 1600円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    小池都知事「築地守る」の公約違反 跡地にカジノ誘致構想

  7. 7

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  8. 8

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  9. 9

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  10. 10

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

もっと見る