「親鸞「四つの謎」を解く」梅原猛著

公開日:  更新日:

 親鸞の人生の謎に迫る歴史ノンフィクション。

 その謎とは、貴族階級に生まれ、高い身分を保障されていた親鸞が、なぜわずか9歳で出家したのかという「出家の謎」に始まる。続いて、20年後、比叡山での出世の道を捨て、無位無官のこじき坊主同然だった法然の門下に「入門した謎」。さらに親鸞が仏教の戒律を破って結婚したのはなぜか。

 その謎の背後にある正式な妻として認められている恵信尼の前に時の権力者・九条兼実の娘・玉日と結婚していたという伝承の真偽、そして自らを大悪人と同一視するほど罪悪感を自覚していたことに対する疑問の4点。その人生と思想を読み解きながら、真相に迫る。

(新潮社 2200円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は喜色満面だったが…FA丸獲得で巨人が買った“火種”

  2. 2

    ゴーン起訴・再逮捕がトドメ…拍車がかかる特捜部解体論

  3. 3

    安倍首相の“言葉遊び”を超えた詐欺師の手法はいずれバレる

  4. 4

    好きな女子アナに異変…弘中綾香&宇垣美里が好かれるワケ

  5. 5

    まさか飲酒? 深夜の議員宿舎で維新の議員がド派手な事故

  6. 6

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  7. 7

    二階幹事長“重病説”で急浮上「後任本命に竹下亘氏」の狙い

  8. 8

    米中“諜報戦争”激化で…安倍首相は日中関係のちゃぶ台返し

  9. 9

    SNS全盛時代に学ぶ 明石家さんまの金言「丸裸にならない」

  10. 10

    丸の“広島エキス”が原監督の狙い G若手を待つ地獄の練習量

もっと見る