「秘恋 日野富子異聞」鳥越碧著

公開日:  更新日:

 永享12(1440)年、代々将軍家に正室を送り出してきた日野家の次女に生まれた富子は、所領の日野の里に預けられ幼少時代を過ごす。しかし、8歳のときに姉が急死したため呼び戻され、御台所としての教育を受ける。

 7年後、足利8代将軍義政から富子を正室として迎え入れるとの使者が来訪。時同じくして、富子が待ち続けてきた男がようやく日野の里から訪ねてきた。男は、里でともに育った幼馴染みの伊作だった。

 今は喬之介と名乗る伊作は、富子を守るためにこれまで剣の腕を磨き、満を持して里を出てきたのだった。

 後世に悪女とされた日野富子の秘した恋心を描く歴史長編。

(講談社 1800円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  3. 3

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  4. 4

    森友問題のキーマン 体調不良を理由に「出廷拒否」の仰天

  5. 5

    ホクロ除去した宮沢りえ 本当の目的は森田剛との“妊活”か

  6. 6

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  7. 7

    カラオケ番組で「素人」得点…武田鉄矢が画面から消えた?

  8. 8

    村上春樹は75年卒…人気作家はなぜ「早大」出身が多いのか

  9. 9

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  10. 10

    音痴で恥ずかしい…カラオケ下手が目立たない曲の選び方

もっと見る