「聖路加病院で働くということ」早瀬圭一著

公開日:  更新日:

 東京・築地の巨大総合病院で働くスタッフの人生と仕事を追ったノンフィクション。

 副院長・小児医療総合センター長などを歴任してきた細谷亮太氏は、1972年に研修医として同病院で働き始める。小児がんが死と同義語だった時代。毎日、命の重みと子供が親に先立つ不条理と向き合う中、ある患児との出会いから、小児がんの治療と原因の究明に取り組むことを決意する。

 以来40年、小児科医として最前線で活躍してきた同氏をはじめ、訪問看護の先駆者・細川真喜子氏、看護のスペシャリスト・井部俊子氏、救急部長・石松伸一氏の4人の生きざまからオンリーワンの医療と看護を目指す同病院の魅力に迫る。

(岩波書店 2100円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    外国人技能実習生「怪死」にチラつく“反社会的勢力”の影

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    ゴーン後継トヨタ副社長も ルノーが西川社長を追放する日

  5. 5

    難役を次々好演…林遣都は主役を光らせる最高の助演男優

  6. 6

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  7. 7

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  8. 8

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  9. 9

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  10. 10

    5分の1まで暴落のビットコイン 今こそ買い時か完全崩壊か

もっと見る