「聖路加病院で働くということ」早瀬圭一著

公開日: 更新日:

 東京・築地の巨大総合病院で働くスタッフの人生と仕事を追ったノンフィクション。

 副院長・小児医療総合センター長などを歴任してきた細谷亮太氏は、1972年に研修医として同病院で働き始める。小児がんが死と同義語だった時代。毎日、命の重みと子供が親に先立つ不条理と向き合う中、ある患児との出会いから、小児がんの治療と原因の究明に取り組むことを決意する。

 以来40年、小児科医として最前線で活躍してきた同氏をはじめ、訪問看護の先駆者・細川真喜子氏、看護のスペシャリスト・井部俊子氏、救急部長・石松伸一氏の4人の生きざまからオンリーワンの医療と看護を目指す同病院の魅力に迫る。

(岩波書店 2100円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    NHKも優遇なし 青山アナに「育休中の給与返せ」批判の誤解

  2. 2

    福岡知事選で“麻生アレルギー” 学会や九州財界から爪弾き

  3. 3

    丸獲得でも変わらず 巨人がOP戦で露呈“広島恐怖症”の重篤

  4. 4

    死骸で発見のジュゴンは…辺野古埋め立てで行方不明だった

  5. 5

    北方領土「第2次世界大戦の結果論」というのは暴論である

  6. 6

    東京福祉大“消えた留学生”問題を招いた安倍政権の数値目標

  7. 7

    籠池氏が久々の爆弾発言「昭恵付職員が財務省室長と面会」

  8. 8

    東京五輪で終電延長 鉄道各社が強いられる“ブラック労働”

  9. 9

    記者に華奢な手を差し出し…葉月里緒奈に感じた“魔性の女”

  10. 10

    ルノーと三菱グループ急接近か 日産含む“3社統合”への思惑

もっと見る