「聖路加病院で働くということ」早瀬圭一著

公開日:  更新日:

 東京・築地の巨大総合病院で働くスタッフの人生と仕事を追ったノンフィクション。

 副院長・小児医療総合センター長などを歴任してきた細谷亮太氏は、1972年に研修医として同病院で働き始める。小児がんが死と同義語だった時代。毎日、命の重みと子供が親に先立つ不条理と向き合う中、ある患児との出会いから、小児がんの治療と原因の究明に取り組むことを決意する。

 以来40年、小児科医として最前線で活躍してきた同氏をはじめ、訪問看護の先駆者・細川真喜子氏、看護のスペシャリスト・井部俊子氏、救急部長・石松伸一氏の4人の生きざまからオンリーワンの医療と看護を目指す同病院の魅力に迫る。

(岩波書店 2100円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

  8. 8

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  9. 9

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  10. 10

    【日曜中山11R・オールカマー】今年も絶好調!ルメール レイデオロ

もっと見る