「日本人の値段」谷崎光著

公開日: 更新日:

 中国企業で働く日本人技術者たちを取材したルポルタージュ。

 中国売り上げ7位の自動車メーカーで働く田中氏(仮名)は、日本のハイブリッド車基幹部品の元開発チーフ。外資に買収された職場環境に耐えられず、ヘッドハンティングに応じたという。

 中国企業で働く日本人の車のエンジニアの年俸は日本円で3600万から2700万円、さらに高級マンションと通訳と送迎がつく。

 その他、中国一の家電メーカーの研究所で働く菅原氏(仮名)など、中国に渡った日本人技術者の現地での仕事の実際から、中国の製造業の舞台裏、さらに彼らと中国企業を仲介するヘッドハンターたちの仕事ぶりまで。日本の技術流出の真相に迫る。

(小学館 1300円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  2. 2

    マリエの告発に出川哲郎ら事実無根と否定…なぜ今、何が?

  3. 3

    有吉弘行は夏目三久と出会い10年“徹底秘密主義”の仰天逸話

  4. 4

    桐谷美玲ら発掘 名物女社長のパワハラ&セクハラ疑惑と手口

  5. 5

    小室圭さんは奇特な人 皇族の結婚相手探しは想像より大変

  6. 6

    小池知事また圧力か?子飼いの都議が“竹山番組”ドタキャン

  7. 7

    加藤浩次の首筋が寒すぎる…吉本は「ラヴィット!」を支援

  8. 8

    小室圭さん「国民感情にゼロ回答」でご結婚は前進するのか

  9. 9

    小室圭さん突然文書を発表…“言い訳&反論”でケジメなるか

  10. 10

    有吉弘行&夏目三久が結婚 5年前の“幻のスクープ”報道とは

もっと見る

人気キーワード