「賢者の愛」山田詠美著

公開日: 更新日:

 真由子は、周りの大人たちに慈しまれ、幸福な少女時代を送っていた。隣に、2つ年下の百合が引っ越してくるまでは。

 真由子の父は有能な編集者で、母は医者。離れに間借りしている小説家志望の青年、諒一を「リョウ兄さま」と呼んで慕っていた。百合は成り金だが愛のない家庭から逃れるように、真由子の世界に入り込み、2人は「親友」になる。

 真由子が21歳になったとき、百合は諒一の子を妊娠したことを告白し、真由子に言う。「リョウ兄さまを私にちょうだい」。真由子は、百合への復讐を決意する。

 山田詠美の最新長編は、谷崎潤一郎の「痴人の愛」の向こうを張った愛憎劇。百合が産んだ男の子は真由子の助言で直巳(ナオミ)と名づけられる。「このナオミは、痴人のものではなく、賢者のものになる」。真由子は直巳を理想の男に育て上げるべく、幼いうちから丹念に水をやり続ける。年の離れた2人の関係は先生と教え子のようであり、共犯者のようでもあった。「痴人の愛」では、年上の男が美少女ナオミを自分好みの女に仕立てあげようとして、怪物をつくり出してしまった。さて、「賢者」真由子の怪しく危うい復讐劇を待ち受けている結末は?

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    近藤春菜の地上波激減に友近真っ青…大きすぎた反旗の代償

  2. 2

    オリラジ藤森慎吾 “司会1時間1000万円”オファー断った嗅覚

  3. 3

    大阪の“二の舞”か5.4万人入院できず…迫る最悪の医療崩壊

  4. 4

    菅政権に“地獄の2週間” 宣言延長と五輪中止は「5.28決着」

  5. 5

    三田寛子が不倫を繰り返す夫・中村芝翫と離婚しない理由

  6. 6

    「リコカツ」永山瑛太の新機軸 守られたい女子急増の予感

  7. 7

    夏目三久は有吉弘行を従えて…2ショットに見る“夫婦の形”

  8. 8

    夏目三久“女子の本懐”と玉の輿 フリーアナ戦線から一抜け

  9. 9

    ポスト夏目三久は誰?引退で熾烈な“椅子取りゲーム”が勃発

  10. 10

    北川景子「リコカツ」堅調も…変わらぬ美貌が“足かせ”に?

もっと見る

人気キーワード