「騒乱、混乱、波乱!ありえない中国」小林史憲

公開日:  更新日:

 テレビ記者として中国のすべての省・自治区・直轄市・特別行政区を実地取材したという著者が見たリアル中国。なんと当局に21回も拘束されたというのだ。少数民族のウイグル人の弾圧現場を突撃取材し、オランダやスペインの記者らとブケイ(武装警察)に逮捕され取り調べを受ける。そんな顛末から始まる。

 本書は各地の取材ルポによって激変する中国社会の実の姿を描き出す。権力闘争で逮捕された薄熙来事件の重慶では取材した住民から当局に通報されるという珍しい経験も。さらには話題の大江麻理子キャスターをともなった取材でスタッフ全員が警察に拘束されたときの顛末までくわしく報告している。まさに体当たりの中国ルポ。

(集英社 800円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    特番「細かすぎて伝わらない」木梨憲武&関根勤不在のワケ

  2. 2

    北方領土2島先行返還を阻む日米安保「基地権密約」の壁

  3. 3

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  4. 4

    玉城知事の訴え効果あり 辺野古阻止は軟弱地盤が足がかり

  5. 5

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  6. 6

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

  7. 7

    M&Aはコミットせず…赤字転落「RIZAP」子会社切り売り必至

  8. 8

    移民利権で私服を肥やす 天下り法人「JITCO」の“商売方法”

  9. 9

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  10. 10

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

もっと見る