「騒乱、混乱、波乱!ありえない中国」小林史憲

公開日:  更新日:

 テレビ記者として中国のすべての省・自治区・直轄市・特別行政区を実地取材したという著者が見たリアル中国。なんと当局に21回も拘束されたというのだ。少数民族のウイグル人の弾圧現場を突撃取材し、オランダやスペインの記者らとブケイ(武装警察)に逮捕され取り調べを受ける。そんな顛末から始まる。

 本書は各地の取材ルポによって激変する中国社会の実の姿を描き出す。権力闘争で逮捕された薄熙来事件の重慶では取材した住民から当局に通報されるという珍しい経験も。さらには話題の大江麻理子キャスターをともなった取材でスタッフ全員が警察に拘束されたときの顛末までくわしく報告している。まさに体当たりの中国ルポ。

(集英社 800円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  5. 5

    前のめり安倍首相に露が食わす「条文作成」の毒まんじゅう

  6. 6

    専門医は「説明不能」…米11歳少女の悪性脳腫瘍が消えた!

  7. 7

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  8. 8

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  9. 9

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  10. 10

    安倍首相の「フェイク発言」を追及しない本土のマスコミ

もっと見る