「イスラーム国の衝撃」池内恵著

公開日: 更新日:

 いま最も注目株の中東地域研究者によるタイムリーな概説。2011年の「アラブの春」がもたらしたのは中東各国の統治体制の揺らぎと弱体化。そこに乗じて台頭したのがイスラム国だ。指導者のアル・バグダディは「カリフ」(最高指導者)を名乗る。これは全世界のイスラム教徒(ムスリム)の指導者を主張したことと同じ。各国のイスラム学者(ウラマー)はこれを認めないが、バグダディは独自の学識とカリスマで相当な説得力を発揮していると著者はいう。

 米国に追い詰められたアルカイダがアフガン・パキスタン国境を拠点に勢力を回復し、まるでフランチャイズ網のように自発的な賛同のネットワークが出現するなどの新状況が生じたことが、背景にある。アルカイダと違ってシリアとイラクで領域支配に成功したイスラム国は、いわばアルカイダの「別ブランド」化のように登場したのだ。

 さらに欧米諸国ではアルカイダやイスラム国に刺激された若者たちが「勝手にアルカイダ」的に単独テロを起こす事件が続発。こうして一匹オオカミ的なテロをも含む「グローバル・ジハード」に至ったのだと説く。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    亡き“パパ”の古い携帯番号に4年間報告し続けたら返信が!

  2. 2

    嵐・二宮和也 “匂わせ彼女”伊藤綾子と入籍した男の決断

  3. 3

    侍J深刻ファン離れ ZOZOマリンがロッテ戦より不入りの衝撃

  4. 4

    メジャー挑戦 球界No.1二塁手広島・菊池涼介の意外な評価

  5. 5

    女子プロ随一の人格者・笠りつ子の暴言騒動に「意外」の声

  6. 6

    パナマ文書に義姉会社 加藤厚労相とベネッセ“奇怪な関係”

  7. 7

    ロッテ1位・佐々木朗希<1>野球経験なしの父が放った本塁打

  8. 8

    東大が方針転換 英語民間試験に突き付けた「NO!」の波紋

  9. 9

    日本はもはや国の体をなしていないことを実感した1カ月

  10. 10

    レンタルなんもしない人 森本祥司さん<1>流されて会社員に

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る