「イスラーム国の衝撃」池内恵著

公開日:  更新日:

 いま最も注目株の中東地域研究者によるタイムリーな概説。2011年の「アラブの春」がもたらしたのは中東各国の統治体制の揺らぎと弱体化。そこに乗じて台頭したのがイスラム国だ。指導者のアル・バグダディは「カリフ」(最高指導者)を名乗る。これは全世界のイスラム教徒(ムスリム)の指導者を主張したことと同じ。各国のイスラム学者(ウラマー)はこれを認めないが、バグダディは独自の学識とカリスマで相当な説得力を発揮していると著者はいう。

 米国に追い詰められたアルカイダがアフガン・パキスタン国境を拠点に勢力を回復し、まるでフランチャイズ網のように自発的な賛同のネットワークが出現するなどの新状況が生じたことが、背景にある。アルカイダと違ってシリアとイラクで領域支配に成功したイスラム国は、いわばアルカイダの「別ブランド」化のように登場したのだ。

 さらに欧米諸国ではアルカイダやイスラム国に刺激された若者たちが「勝手にアルカイダ」的に単独テロを起こす事件が続発。こうして一匹オオカミ的なテロをも含む「グローバル・ジハード」に至ったのだと説く。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    5億円の攻防へ 阪神「台湾の三冠王」王柏融獲得は苦戦必至

  2. 2

    桜田大臣に“助っ人”を雇い…安倍首相は海外逃亡の血税浪費

  3. 3

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  4. 4

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  5. 5

    中日・根尾“14歳の冬”の悔恨と決意 野球一本に至る原体験

  6. 6

    メジャー目指す菊池雄星 金銭以外の“希望条件”が明らかに

  7. 7

    自粛期間終了? NEWS手越祐也が“六本木に再び出没”情報

  8. 8

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  9. 9

    中田翔は3年10億円 破格契約の裏に日ハムの“イメージ戦略”

  10. 10

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

もっと見る