• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「東京ブラックアウト」若杉冽著

 物語は、福島の原子力発電所事故から3年以上経過した東京から始まる。原子力規制庁の守下靖は、毎週金曜日夕刻に行われる脱原発デモを横目に、内閣府本庁ビルに向かった。目的は、原発事故の避難計画に関してどこが汚れ仕事を引き受けるかを話し合うため。関係各省庁の駆け引きや出世への打算が渦巻くなか、どこも責任をとらなくていい形が整えられていった結果、ついに全国で15基の原発が再稼働された。ところがその年の暮れ、送電線鉄塔の倒壊が勃発。大規模停電が発生したため、原子炉の冷却システムも停止し、再びメルトダウンが起こる。役に立つはずもない避難計画を前に、原発の地元に、さらには大都市の住民に何が生じるのか――。

「原発ホワイトアウト」を書いた現役キャリア官僚による最新作。小説という形をとりつつも、再稼働を画策する省庁の人間たちがどのように動き、その結果どんな未来が予想しうるのか、恐ろしくもリアルに描き出している。(講談社 1600円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  2. 2

    錯乱答弁を連発 テレビ討論でバレた安倍首相の薄っぺらさ

  3. 3

    右肘手術をさせたいエ軍と避けたい大谷翔平…暗闘の全内幕

  4. 4

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  5. 5

    「9.16」引退宣言 安室奈美恵がこの1年で稼いだ驚きの金額

  6. 6

    今季ワースト4日間7097人 男子ツアーの閑古鳥は誰の責任か

  7. 7

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  8. 8

    降って湧いた放映権問題で…LPGAと大会主催者の対立が激化

  9. 9

    iPhone入手困難に? 米との貿易戦争激化で中国に“奥の手”

  10. 10

    大谷“19勝&350打席”監督予言 2年後には年俸総額150億円も

もっと見る