「ラスト・ワルツ」柳広司著

公開日:  更新日:

 帝国陸軍の伝説的なスパイだった結城中佐が設立した陸軍秘密諜報員養成所(D機関)で教育された異能の若者たちが世界各地で暗躍するスパイ・ミステリー「ジョーカー・ゲーム」シリーズの最新第4作。第1作を原作とした映画「ジョーカー・ゲーム」も現在公開中。

 特急〈あじあ〉号の車内で情報の受け渡しをするはずだったロシア人が殺されていた。殺ったのはソ連の秘密諜報機関〈スメルシュ〉だ。密室状態の列車内で諜報員の瀬戸はスメルシュと死力を尽くして対決する。(「アジア・エクスプレス」)

 華族出身で陸軍中将夫人の顕子は米国大使館主催の仮面舞踏会で、かつて不良たちに襲われたところを助けてくれた男を捜していた。いつかダンスをすると約束していたのだ。そして現れた男の真の目的は……。(「舞踏会の夜」)

 駐独日本大使館の情報漏れのルートを遮断するべくドイツの映画撮影所に潜入した雪村は、ナチス宣伝相ゲッベルスと遭遇。雪村はそこである画策をする……。(「ワルキューレ」)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  7. 7

    小池都知事「築地守る」の公約違反 跡地にカジノ誘致構想

  8. 8

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  9. 9

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  10. 10

    広島・誠也が打点王宣言も “新3番”長野に丸の代役務まるか

もっと見る