「ワルの外交」河東哲夫著

公開日:  更新日:

 外交にも四十八手がある。ロシアや中央アジア、ヨーロッパでは何千年も前からすれっからしの外交が行われている。北朝鮮はアメリカに核開発の即時全面停止を求められたとき、「核開発停止を可能にするため、石炭火力発電所を『国際協力』で建設しよう」という提案にすりかえて、石炭火力発電所建設をタダで勝ち取った。外国からの圧力に〈毅然として〉対処するのでなく、相手側の土俵に乗らず〈しれっとして〉立ち向かうことが重要なのだ。ロシア公使などを務めた元外交官の警告。

(草思社 1600円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    第2の加計問題? “漁業潰し”仕掛人は規制改革のメンバー

  2. 2

    自画自賛が一転…“イッテQ疑惑”対応を誤った日テレの痛恨

  3. 3

    呆れた安倍内閣 「徳」なし総理の下「徳」なし大臣集まる

  4. 4

    日ハム吉田輝星の原点 「投球フォーム」に託した父の願い

  5. 5

    玉城デニー沖縄知事の訪米に官邸・外務省が“横ヤリ”疑惑

  6. 6

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  7. 7

    声優・落合福嗣「下町ロケット」出演で個性派俳優の道も?

  8. 8

    都内のスーパーで特売品を 安室奈美恵「引退後2カ月」の今

  9. 9

    「イッテQ」疑惑で日テレ冬の時代へ…構造的問題の指摘も

  10. 10

    遠藤憲一はなぜ“Vシネ横綱”竹内力&哀川翔を凌駕できた?

もっと見る