「ワルの外交」河東哲夫著

公開日: 更新日:

 外交にも四十八手がある。ロシアや中央アジア、ヨーロッパでは何千年も前からすれっからしの外交が行われている。北朝鮮はアメリカに核開発の即時全面停止を求められたとき、「核開発停止を可能にするため、石炭火力発電所を『国際協力』で建設しよう」という提案にすりかえて、石炭火力発電所建設をタダで勝ち取った。外国からの圧力に〈毅然として〉対処するのでなく、相手側の土俵に乗らず〈しれっとして〉立ち向かうことが重要なのだ。ロシア公使などを務めた元外交官の警告。

(草思社 1600円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  2. 2

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  3. 3

    菅首相にバイデン“塩対応”…五輪は「開催努力」支持どまり

  4. 4

    松山は偉業達成も…ちょっと残念だった日本語優勝スピーチ

  5. 5

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  6. 6

    小池知事の無策が招くGW明け新規感染3800人の最悪シナリオ

  7. 7

    菅首相が米ファイザー直接交渉で赤っ恥 CEOとの対面が頓挫

  8. 8

    ダウンタウン浜田雅功がアラ還にして成功した"可愛い戦略"

  9. 9

    オリラジ中田も株で億万長者だが…金融庁投資推奨の危うさ

  10. 10

    石原さとみ「恋ぷに」推測合戦に…すぐ離脱はもったいない

もっと見る

人気キーワード