「セックスと恋愛の経済学」マリナ・アドシェイド著、酒井泰介訳

公開日:  更新日:

 もし自分の娘の貞操を守りたいと考えた場合、どんな大学に入学させるべきだろうか。答えは、男子学生の“多い”大学。アメリカの社会学者の調査によると、男子学生の多い大学では、女子学生の69%が処女であるのに対し、男子学生の少ない大学では、これが54%まで減るという結果が導き出されたという。

 逆のようにも思えるが、大学に女子が多い場合、セックスに関しては男子の方が優位な買い手市場になる。つまり、女子は数少ない男子をモノにするためにセックスに積極的になり、男子は複数の女子とヤル機会に恵まれる。逆に、男子ばかりの大学では、数少ない女子が主導権を握り、セックスを待たせることもできるわけだ。

 マリナ・アドシェイド著、酒井泰介訳「セックスと恋愛の経済学」では、男女関係に関する行動データをミクロ経済学的視点から分析。セックスと恋愛を巡る興味深い新常識を導き出している。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  2. 2

    第2の加計問題? “漁業潰し”仕掛人は規制改革のメンバー

  3. 3

    巨人マギーの報われない退団 「世代交代」とは遠い実情

  4. 4

    自画自賛が一転…“イッテQ疑惑”対応を誤った日テレの痛恨

  5. 5

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  6. 6

    呆れた安倍内閣 「徳」なし総理の下「徳」なし大臣集まる

  7. 7

    巨人のFA丸獲得は“天敵”広島対策 最強オプションの提示も

  8. 8

    巨人原監督“正捕手起用”の意向…炭谷のFA補強に西武OB警鐘

  9. 9

    原監督は明言も…巨人・岡本「来季三塁構想」の信ぴょう性

  10. 10

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

もっと見る