日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「セックスと恋愛の経済学」マリナ・アドシェイド著、酒井泰介訳

 もし自分の娘の貞操を守りたいと考えた場合、どんな大学に入学させるべきだろうか。答えは、男子学生の“多い”大学。アメリカの社会学者の調査によると、男子学生の多い大学では、女子学生の69%が処女であるのに対し、男子学生の少ない大学では、これが54%まで減るという結果が導き出されたという。

 逆のようにも思えるが、大学に女子が多い場合、セックスに関しては男子の方が優位な買い手市場になる。つまり、女子は数少ない男子をモノにするためにセックスに積極的になり、男子は複数の女子とヤル機会に恵まれる。逆に、男子ばかりの大学では、数少ない女子が主導権を握り、セックスを待たせることもできるわけだ。

 マリナ・アドシェイド著、酒井泰介訳「セックスと恋愛の経済学」では、男女関係に関する行動データをミクロ経済学的視点から分析。セックスと恋愛を巡る興味深い新常識を導き出している。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事