「セックスと恋愛の経済学」マリナ・アドシェイド著、酒井泰介訳

公開日: 更新日:

 もし自分の娘の貞操を守りたいと考えた場合、どんな大学に入学させるべきだろうか。答えは、男子学生の“多い”大学。アメリカの社会学者の調査によると、男子学生の多い大学では、女子学生の69%が処女であるのに対し、男子学生の少ない大学では、これが54%まで減るという結果が導き出されたという。

 逆のようにも思えるが、大学に女子が多い場合、セックスに関しては男子の方が優位な買い手市場になる。つまり、女子は数少ない男子をモノにするためにセックスに積極的になり、男子は複数の女子とヤル機会に恵まれる。逆に、男子ばかりの大学では、数少ない女子が主導権を握り、セックスを待たせることもできるわけだ。

 マリナ・アドシェイド著、酒井泰介訳「セックスと恋愛の経済学」では、男女関係に関する行動データをミクロ経済学的視点から分析。セックスと恋愛を巡る興味深い新常識を導き出している。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    大内裕和氏 民間背後の教育改革は格差拡大の失敗繰り返す

  2. 2

    安倍首相インド訪問突然中止 永田町で飛び交う“2つの憶測”

  3. 3

    「FNS歌謡祭」で“声の差”が 薬師丸ひろ子と中山美穂の明暗

  4. 4

    羽賀研二vs梅宮アンナ“平成のバカップル”騒動が完全決着

  5. 5

    最後の一線を越えた…7年間にも及ぶ国と社会に対するテロ

  6. 6

    二宮和也は2021年6月に“海外挙式”へ 気になる場所と招待客

  7. 7

    上場を目指す企業が入居ビルを適当に選んではいけない理由

  8. 8

    51歳でも2時間“歌って踊れる” 元CHA-CHA木野正人さんは今

  9. 9

    “安倍側近”の下関市長 市立大人事「私物化疑惑」が大炎上

  10. 10

    酒井法子“5億円豪邸”略奪愛疑惑 新恋人には内縁の妻がいた

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る