「セックスと恋愛の経済学」マリナ・アドシェイド著、酒井泰介訳

公開日: 更新日:

 もし自分の娘の貞操を守りたいと考えた場合、どんな大学に入学させるべきだろうか。答えは、男子学生の“多い”大学。アメリカの社会学者の調査によると、男子学生の多い大学では、女子学生の69%が処女であるのに対し、男子学生の少ない大学では、これが54%まで減るという結果が導き出されたという。

 逆のようにも思えるが、大学に女子が多い場合、セックスに関しては男子の方が優位な買い手市場になる。つまり、女子は数少ない男子をモノにするためにセックスに積極的になり、男子は複数の女子とヤル機会に恵まれる。逆に、男子ばかりの大学では、数少ない女子が主導権を握り、セックスを待たせることもできるわけだ。

 マリナ・アドシェイド著、酒井泰介訳「セックスと恋愛の経済学」では、男女関係に関する行動データをミクロ経済学的視点から分析。セックスと恋愛を巡る興味深い新常識を導き出している。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    無能クズっぷり全国トップの吉村知事が「評価」される怖さ

  2. 2

    ジャニー喜多川氏のタイプはタッキー、東山、中居に分類

  3. 3

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  4. 4

    橋本環奈が辿る剛力彩芽と同じ道 USEN宇野会長と親密報道

  5. 5

    二階堂ふみ“争奪戦”勃発…紅白での異能ぶりで評価爆上がり

  6. 6

    吉村府知事また出たドヤ顔“妄言”「陽性者と感染者は違う」

  7. 7

    トランプ「有罪」へ秒読み開始 共和党議員から20人造反か

  8. 8

    再エネで「嘘」を…英国政府を“激怒”させた経産省の大失態

  9. 9

    嵐・二宮「パパに!」報道が意外とファンに祝福されるワケ

  10. 10

    東京五輪「中止」正式決定へ“秒読み”…デッドラインは2月

もっと見る

人気キーワード