• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「日本人はどう死ぬべきか?」養老孟司・隈研吾著

 昆虫好きの解剖学者、養老孟司の理想の死は「ラオスに死す」。昆虫学者は辺ぴなところで客死することが多いという。一方、建築家の隈研吾がカッコいいと思うのは、アメリカの建築家、ルイス・カーンの死に方。インド旅行の後、ペンシルベニア駅で死んだが、しばらく身元が分からなかった。彼はオフィスの階ごとに彼女がいたが、公平を期すためパスポートに住所を書かなかったからだという。

 浮世離れした2人の学者の対談を読んでいると、死ぬのが怖くなくなる。

(日経BP社 1300円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権また後手後手 西日本豪雨の補正予算が置き去りに

  2. 2

    日大アメフト部新監督 立命大OB内定に選手らは拒否反応

  3. 3

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  4. 4

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  5. 5

    政財界とも結びつき深く…故・浅利慶太さんの「功と罪」

  6. 6

    傲慢でぶれない自民党と公明党 国民のことは考えていない

  7. 7

    英紙も警告 2020年の東京五輪は“殺人オリンピック”になる

  8. 8

    ドラマ引っ張りだこ 「高嶺の花」でも話題の峯田和伸って

  9. 9

    フジ主演ドラマ好発進も…山崎賢人に足りないアドリブの妙

  10. 10

    73歳会長と親密交際 華原朋美“天性の愛人”のジジ殺し秘術

もっと見る