「新・戦争論」池上彰・佐藤優著

公開日:  更新日:

 ベルリンの壁の崩壊とソ連の解体によって冷戦が終結したとき、これで20世紀を覆った「戦争」も終息に向かうのではないかと期待が寄せられた。しかし現実は、旧ユーゴスラビアの内戦、アメリカ同時多発テロ、……近年ではウクライナの内戦、「イスラム国」の台頭と、新たな戦争の世紀へと突入している感がある。

 そうした冷戦終結以降の戦争を、ジャーナリストの池上彰と作家で元外務省主任分析官の佐藤優が、互いにとっておきの知識を駆使して読み解いていく。

 導入は安倍政権の提唱する集団的自衛権の問題。佐藤は国際法の観点から同法は有名無実であると断じ、日本と世界のグローバルスタンダードとのズレを指摘する。続いて池上は「イスラム国」や民間軍事会社の出現により、従来の国家同士の戦いとは異なる複雑な構図の戦争の実態を紹介。以後、中国の少数民族問題、ウクライナ問題の歴史的経緯、イスラム教各派の確執、北朝鮮の拉致問題の行方、尖閣諸島問題への対応策と話題は多岐に及ぶ。混迷する世界情勢の羅針盤として格好の一冊。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    袴田吉彦と“アパ不倫”の真麻さん 新恋人との「結婚」激白

  3. 3

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  4. 4

    元武富士ダンサーズ 大西裕貴子さんが明かす“CM撮影秘話”

  5. 5

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  6. 6

    関根正裕×江上剛 総会屋事件対応した2人が語る今の銀行界

  7. 7

    ネットに顔さらされた運転手はホリエモンを訴えられる?

  8. 8

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  9. 9

    たけし軍団で活躍 宮崎に移住した大森うたえもんさんは今

  10. 10

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

もっと見る