「新・戦争論」池上彰・佐藤優著

公開日:  更新日:

 ベルリンの壁の崩壊とソ連の解体によって冷戦が終結したとき、これで20世紀を覆った「戦争」も終息に向かうのではないかと期待が寄せられた。しかし現実は、旧ユーゴスラビアの内戦、アメリカ同時多発テロ、……近年ではウクライナの内戦、「イスラム国」の台頭と、新たな戦争の世紀へと突入している感がある。

 そうした冷戦終結以降の戦争を、ジャーナリストの池上彰と作家で元外務省主任分析官の佐藤優が、互いにとっておきの知識を駆使して読み解いていく。

 導入は安倍政権の提唱する集団的自衛権の問題。佐藤は国際法の観点から同法は有名無実であると断じ、日本と世界のグローバルスタンダードとのズレを指摘する。続いて池上は「イスラム国」や民間軍事会社の出現により、従来の国家同士の戦いとは異なる複雑な構図の戦争の実態を紹介。以後、中国の少数民族問題、ウクライナ問題の歴史的経緯、イスラム教各派の確執、北朝鮮の拉致問題の行方、尖閣諸島問題への対応策と話題は多岐に及ぶ。混迷する世界情勢の羅針盤として格好の一冊。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  2. 2

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  3. 3

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  4. 4

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  5. 5

    高校ラグビー決勝戦で話題に 各地の「桐蔭」の由来は?

  6. 6

    カリスマ経営者が警告「リーマンに近いことに」の現実味

  7. 7

    「団十郎」襲名の海老蔵が「白猿」に込めた暴行事件の自戒

  8. 8

    実業家と交際報道も…深田恭子と亀梨の“愛犬散歩”目撃情報

  9. 9

    社員に聞いた 深田恭子を射止めた41歳スゴ腕経営者の評判

  10. 10

    30歳適齢期は昔話 石原さとみ&深田恭子が結婚しないワケ

もっと見る