「イスラム国の野望」高橋和夫著

公開日:  更新日:

 とかく理屈と抽象論の多い宗教関係の本。しかしISに関しては実際的な書物が増えた。本書はそのひとつ。きびきびしたわかりやすい文章がいい。「ターリバーン」を支援したのが「アルカーイダ」。スンニ派ゆえシーア派のイランとはそりが合わないが、「ビンラーディン」一族が世話になった過去があり、イランでは一切テロを行わない。

 しかし、その手の現実主義には若い世代が反発し、代わってISが力をつけた。なぜならISは「真っ向勝負しかしない鉄砲玉のようなもの」だからだ。なるほど、こういう説明ならよくわかる。黒ずくめの衣装や指を1本立てるジェスチャーなどの様式性はナチによく似ており、それが若者を引き付ける一因でもあるという。

 反目し合うペルシャ人(イラン人)とアラブ人だが、ともにトルコ人に対しては「田舎者」とさげすみの目を向けることや、イスラム世界では指導者は美男がいいとされ、「オサマ・ビンラーディンはなかなかの二枚目」などという豆知識(?)も面白い。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    小池都知事「築地守る」の公約違反 跡地にカジノ誘致構想

  7. 7

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  8. 8

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  9. 9

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  10. 10

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

もっと見る