• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「小さな村のウルトラランナー 重見高好の挑戦」大川卓弥著

 過疎の村をPRするために走り続けるランナーを追ったドキュメント。

 その人、重見高好氏(32歳)は、マラソン以上の距離、時には100キロや200キロで争われるウルトラマラソンのランナー。

 標高1000~1300メートルに位置する人口600人の村、長野県売木村の臨時職員として、村を高地トレーニングの聖地とすべく活動しながら、自らも村でトレーニングを積み世界一を目指している。恵まれない家庭環境に育ち、走ることだけが生きがいだったが、実業団選手時代に挫折を味わう。そこから売木村専属のランナーになるまでの軌跡や、村の名前を背負って挑む大会に密着。(NHK出版 1400円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権また後手後手 西日本豪雨の補正予算が置き去りに

  2. 2

    日大アメフト部新監督 立命大OB内定に選手らは拒否反応

  3. 3

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  4. 4

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  5. 5

    政財界とも結びつき深く…故・浅利慶太さんの「功と罪」

  6. 6

    傲慢でぶれない自民党と公明党 国民のことは考えていない

  7. 7

    サンドウィッチマン富澤 2007年M-1優勝の瞬間を振り返る

  8. 8

    ドラマ引っ張りだこ 「高嶺の花」でも話題の峯田和伸って

  9. 9

    鈴木良平氏が異論 「代表監督は日本人に限る」風潮は尚早

  10. 10

    英紙も警告 2020年の東京五輪は“殺人オリンピック”になる

もっと見る