「あと1%だけ、やってみよう」水戸岡鋭治著

公開日: 更新日:

 日本初の豪華クルーズ列車「ななつ星」の総合デザインに携わった著者が、大作にどう向き合ったかをまとめた一冊。

 1988年に福岡市のホテルのデザイン担当をきっかけにJR九州の鉄道デザインをすることになった著者。現在、九州で走る「ソニック」や「つばめ」などのデザインも著者が手がけたが、日本初となる「本格的クルーズトレイン」という真新しい列車づくりには、長い道のりと試行錯誤、試練が待ち受けていた。

 本書ではそんな著者が課題、苦労を感動や興味に変えながら、少しずつ打破した経緯が描かれている。

 一年中仕事漬けのような生活を送る著者の意外なオフの過ごし方、考え方も興味深い。

 鉄道ファンだけでなく、毎日の仕事に追われるサラリーマンにも参考になる哲学が随所にちりばめられている。(集英社 1500円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    第2、第3どころか…木下優樹菜引退の裏にいる「4人の男」

  2. 2

    安倍首相の熊本視察にブーイング…惨事便乗“成功体験”崩壊

  3. 3

    中高年コロナ急増…感染拡大は小池知事“ご都合主義”の人災

  4. 4

    離婚の噂を直撃のはずが…吉田拓郎の自宅で見た巨人広島戦

  5. 5

    小池知事がイエスマン優遇 感染症対策のプロ“左遷”で物議

  6. 6

    火野正平の“人徳” 不倫取材なのに周りから笑みがこぼれる

  7. 7

    アンジャ渡部建の父が厳命 佐々木希の実家へお詫び行脚

  8. 8

    昭和の俳優はビクともせず…不倫取材の核は「本妻」にあり

  9. 9

    別居中の杉良太郎を直撃 帰り際「俺はつぶれないから」

  10. 10

    “匂わせ不倫”でさらなる燃料投下 木下優樹菜引退の決定打

もっと見る