「あと1%だけ、やってみよう」水戸岡鋭治著

公開日:  更新日:

 日本初の豪華クルーズ列車「ななつ星」の総合デザインに携わった著者が、大作にどう向き合ったかをまとめた一冊。

 1988年に福岡市のホテルのデザイン担当をきっかけにJR九州の鉄道デザインをすることになった著者。現在、九州で走る「ソニック」や「つばめ」などのデザインも著者が手がけたが、日本初となる「本格的クルーズトレイン」という真新しい列車づくりには、長い道のりと試行錯誤、試練が待ち受けていた。

 本書ではそんな著者が課題、苦労を感動や興味に変えながら、少しずつ打破した経緯が描かれている。

 一年中仕事漬けのような生活を送る著者の意外なオフの過ごし方、考え方も興味深い。

 鉄道ファンだけでなく、毎日の仕事に追われるサラリーマンにも参考になる哲学が随所にちりばめられている。(集英社 1500円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  3. 3

    森友問題のキーマン 体調不良を理由に「出廷拒否」の仰天

  4. 4

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  5. 5

    ホクロ除去した宮沢りえ 本当の目的は森田剛との“妊活”か

  6. 6

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  7. 7

    カラオケ番組で「素人」得点…武田鉄矢が画面から消えた?

  8. 8

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  9. 9

    音痴で恥ずかしい…カラオケ下手が目立たない曲の選び方

  10. 10

    村上春樹は75年卒…人気作家はなぜ「早大」出身が多いのか

もっと見る