「骨」をフル活用して走る編

公開日: 更新日:

 ランニングで速く、長く走る方法として、筋力アップや心肺機能を高めることより、「骨」を活用することに注目が集まっている。体の一番深いところにある骨の動きを意識することで、体がしなやかに動いて負担が軽くなり、スピードもアップするというのだ。今回は、骨の動かし方の重要性が分かる4冊をご紹介。

 ランニングの前にやることといえば、肩やふくらはぎなどのストレッチ。しかし、これらの動きが体のバランスを崩し、柔軟性も失わせるという驚きの新常識を解説するのが、松村卓著「『骨ストレッチ』ランニング」(講談社 840円)だ。

 アメリカ陸上競技連盟の実験では、1400人をストレッチするグループとしないグループに分け、3カ月間ランニングをさせたところ、ケガをする割合はどちらでも同じことが分かった。また、クロアチアの研究チームがアスリートを対象に行った調査では、ストレッチによって筋力が5・5%、瞬発力が3%ダウンすることが明らかになったという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菅野圧巻でも小林では G原監督を悩ます炭谷との“相性問題”

  2. 2

    大補強でも誤算生じ…V奪回義務の原巨人に燻る“3つの火種”

  3. 3

    私情や保身を優先する愚かさ 野党結集を邪魔する“新6人衆”

  4. 4

    「欅坂46」長濱ねる ファンは感じていた卒業発表の“予兆”

  5. 5

    丸獲得でも変わらず 巨人がOP戦で露呈“広島恐怖症”の重篤

  6. 6

    テレ朝が異例抜擢 元乃木坂46斎藤ちはるアナの評判と実力

  7. 7

    「超面白かった」宇多田ヒカルは直撃取材直後にブログ更新

  8. 8

    JOC竹田会長辞任決意のウラ側 “国内引きこもり”が決定打

  9. 9

    “黒塗り違法”判決にもダンマリ…財務省の呆れた隠ぺい体質

  10. 10

    北が安倍政権を猛批判 米朝破談で逆に日本を「脅威利用」

もっと見る