「骨」をフル活用して走る編

公開日:  更新日:

 ランニングで速く、長く走る方法として、筋力アップや心肺機能を高めることより、「骨」を活用することに注目が集まっている。体の一番深いところにある骨の動きを意識することで、体がしなやかに動いて負担が軽くなり、スピードもアップするというのだ。今回は、骨の動かし方の重要性が分かる4冊をご紹介。

 ランニングの前にやることといえば、肩やふくらはぎなどのストレッチ。しかし、これらの動きが体のバランスを崩し、柔軟性も失わせるという驚きの新常識を解説するのが、松村卓著「『骨ストレッチ』ランニング」(講談社 840円)だ。

 アメリカ陸上競技連盟の実験では、1400人をストレッチするグループとしないグループに分け、3カ月間ランニングをさせたところ、ケガをする割合はどちらでも同じことが分かった。また、クロアチアの研究チームがアスリートを対象に行った調査では、ストレッチによって筋力が5・5%、瞬発力が3%ダウンすることが明らかになったという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  8. 8

    ラグビーW杯決勝が22万円に! 横行するネットダフ屋の実態

  9. 9

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  10. 10

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

もっと見る