• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

コンピューターがプロ棋士に完勝する日はいつか

「ドキュメント コンピュータ将棋」松本博文著

 プロ棋士5人とコンピューター将棋ソフト5種が戦う「将棋電王戦FINAL」第5局が4月11日に開催され、阿久津主税八段がソフト「AWAKE」に勝利。対戦成績は3勝2敗という結果となり、プロ棋士側の勝ち越しで幕を閉じた。

 しかし、2013年からの電王戦では、過去2年プロ棋士が負け越していた。松本博文著「ドキュメント コンピュータ将棋」(KADOKAWA 800円+税)では、プロ棋士を追いつめてきたコンピューター将棋の歴史やソフト開発者の横顔などについてルポしている。

 コンピューターに将棋をさせようという試みが始まったのは1974年のこと。幕末の棋聖・天野宗歩の指し方を現代によみがえらせるという、NECのプロジェクトの一環だった。当時早稲田大学の大学院生だった、現コンピュータ将棋協会会長の瀧澤武信らが手掛けたものだったが、できあがったプログラムは“ルール通りに動く”という程度のもので、コンピューターが人間に勝つことなど、夢物語だった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    衝撃の発毛剤CM 草彅剛の“捨て身っぷり”が称賛されるワケ

  4. 4

    被災地で黙々とボランティア活動 吉川晃司の“気骨と矜持”

  5. 5

    石破氏の「公平な行政」パクリ…安倍首相の姑息な争点潰し

  6. 6

    山根明氏が天覧試合で解説…写真の存在に文科省が戦々恐々

  7. 7

    フジは稲垣をドラマ起用 立ち位置に違いが出始めた元SMAP

  8. 8

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  9. 9

    憧れの安室も絶賛 イモトアヤコは「イエスマン」報われた

  10. 10

    高まる認可白紙の可能性 小池知事が来月迎える「敗戦の日」

もっと見る