意外や、美醜による収入格差は男性のほうが女性より大きかった

公開日:  更新日:

「男は顔ではなく心だ!」などといわれるが、はやりの“壁ドン”をしても許されるのはイケメンだけ。女性だってチヤホヤされるのは美人ばかりだ。

 そんな、人の美醜がもたらす理不尽な影響を学術的な観点から明らかにしているのが、ダニエル・S・ハマーメッシュ著、望月衛訳「美貌格差 生まれつき不平等の経済学」(東洋経済新報社 1800円+税)。著者はアメリカにおける労働経済学の権威であり、美形とブサイクの間に生まれる格差について、さまざまなデータを駆使しながら大真面目に論じている。

 美しさの研究で広く使われている測り方は5段階評価で、次の尺度で評価することで導き出される。つまり、「素晴らしくハンサムか美人」ならば5点、「同じ年齢や同じ性別で平均より上」ならば4点、「平均的」で3点、「同じ年齢や同じ性別で平均より下」で2点、そして「醜悪」ならば1点というやり方だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  2. 2

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  3. 3

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  4. 4

    「団十郎」襲名の海老蔵が「白猿」に込めた暴行事件の自戒

  5. 5

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  6. 6

    カリスマ経営者が警告「リーマンに近いことに」の現実味

  7. 7

    実業家と交際報道も…深田恭子と亀梨の“愛犬散歩”目撃情報

  8. 8

    芸人から女優へ イモトアヤコは“第2の泉ピン子”を目指す?

  9. 9

    高校ラグビー決勝戦で話題に 各地の「桐蔭」の由来は?

  10. 10

    社員に聞いた 深田恭子を射止めた41歳スゴ腕経営者の評判

もっと見る