遺恨なしの財産分与には生前の“相続人全員招集”が鍵

公開日: 更新日:

 今年1月1日に相続税法が改正され、6000万円以上だった相続税の課税対象が3600万円まで引き下げられた。

 相続問題は、もはや大金持ちだけの話ではなくなったわけだ。また、どんなに仲のよい家族でも、遺産が不動産ばかりで分割しにくかったり、相続人の中の1人だけが介護を担っていた場合など、紛争に発展する要因は意外に多い。これを回避するには、生きている間に相続問題の芽を摘んでおくことだ。

 五十嵐明彦監修「相続で家族がもめないための『生前会議』の開き方」(KADOKAWA 1300円+税)では、自分亡きあと家族間に遺恨を生じさせないための、生前の話し合いの進め方を伝授している。

 生前会議の前にやっておかなければならないのが、自分の財産をすべて把握すること。現金や不動産、ゴルフ会員権などの他、絵画や骨董品があれば専門家に鑑定しておいてもらおう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ハイエナたちにしゃぶられた…“今太閤”羽柴秀吉さんの悲劇

  2. 2

    鈴木杏樹に「4000円ラブホ不倫」報道 超モテモテの評判も

  3. 3

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  4. 4

    ゲッソリ痩せた東出昌大…杏との“話し合い”で主夫に転向か

  5. 5

    視聴率急落のNHK「麒麟がくる」に安藤サクラ“緊急登板”説

  6. 6

    2.20が新型肺炎パンデミック節目 最大8200万人感染の恐怖

  7. 7

    鈴木杏樹の不倫対応で思い出す…二人の女優が残した“名言”

  8. 8

    北京「故宮」で贋作陶器を販売?日本人観光客が次々被害に

  9. 9

    堀潤氏「分断」テーマに映画 重要なのは“小さな主語”目線

  10. 10

    「ビリーズブートキャンプ」が大ヒット ビリー隊長の今は

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る