「消えた伝説のサル ベンツ」緑慎也著

公開日:  更新日:

 2013年暮れ、大分の高崎山で、失踪したサル、ベンツの捜索が4回も行われた。異例なことだが、人間だったら100歳以上の高齢であるベンツは伝説のボスザルだったからだ。

 彼は史上最年少の推定9歳で高崎山に生息するB群のボスになった。だが、生まれたときから同じ群れにいるオスは、メスが近親交配を本能的に避けるため、モテない。別のC群のメスに惚れたことでB群のボスの座を追われ、C群の序列の最下位に身を落とした。ところが、ベンツはA群との戦いで最前線に立ち、やがてC群のボスになる。

 高崎山自然動物園の元職員の調査に基づき、ニホンザルの生態とドラマを描くノンフィクション。(ポプラ社 1500円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    ネットで知り合った男女の飼い猫が“ウリ二つ”だったワケ

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    妻のがん治療のため売却した愛車が…17年後の家族愛の物語

  10. 10

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

もっと見る