• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「東京都セレブ区福祉部」山谷哲夫著

 渋谷区は特別区民税が約411億円にも上る裕福な区だが、生活保護など福祉のお世話になる住民も存在する。福祉部の職員は壊疽(えそ)で足が腐った老婆を抱えて病院を探したり、ドロドロになった行き倒れの死体のそばにある財布の中身を確認するという過酷な仕事に従事している。

 その一方で、税金にたかる白アリ公務員もいる。元区長が職員組合の支援で当選したことから、見返りとして組合員や区議のコネのある人間を〈単労〉として大量採用した。清掃、用務、給食など単純労務の職員なのに、年収は800万~1000万円にもなる。

 15年間、区民オンブズマンを務めた著者が見た、渋谷区政の実態をえぐるリポート。(現代書館 1700円+税)



日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    有働アナ取られ…大手がマツコに意趣返し“共演NG包囲網”も

  2. 2

    作家・中村文則氏が警鐘 「全体主義に入ったら戻れない」

  3. 3

    手越がトドメに? 日テレの情報番組からジャニタレ一掃も

  4. 4

    支持率下落が続く安倍政権 今度は対北外交でも国民にウソ

  5. 5

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  6. 6

    前川清さん語る運の尽き 演歌界の“酒豪四天王”に誘われて

  7. 7

    消防士の腕で眠る赤ちゃん…写真が急拡散したそのワケとは

  8. 8

    5歳児虐待死も 連れ子のいる女性が再婚相手の子を望む心理

  9. 9

    東西約300人が在籍 ジャニーズJrは“大人以上に遊んでいる”

  10. 10

    目黒5歳女児も 学歴コンプレックスの親がハマる“教育虐待”

もっと見る