• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「ラストワルツ」村上龍著

 最近、読書量が減った理由のひとつに、面白い本が少ないことがある。現代はITの進歩と国際政治や経済の進歩が速すぎて出版がそれを消化できない。読者も原発の安全性などさまざまなことがよく分からず不安なため、占いとか食べ物などのどうでもいい本に興味が向かうのだ。大多数の若者は、どんなトレーニングをしてどんな職種を目指せばいいか分からない。大多数の中高年もどうやって老後を生きればいいのか、不安に怯えている。「最大の問題は『一般的な解がない時代』をこれまで誰も経験していないということだ」

 予測が難しい時代を鋭くえぐる村上龍の18のエッセー。(KKベストセラーズ 1300円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  2. 2

    手越がトドメに? 日テレの情報番組からジャニタレ一掃も

  3. 3

    全国一元化を口実に…安倍政権が障害年金支給カットの非情

  4. 4

    最高裁も覚悟…森友問題で財務&国交省が隠したかったコト

  5. 5

    総選挙でトップ3に入れず…AKBは“本体”弱体化が最大の課題

  6. 6

    加計理事長が突然の会見 W杯と地震に合わせ“逃げ切り作戦”

  7. 7

    最大の後ろ盾も失い…楽天・梨田監督“電撃辞任”の全内幕

  8. 8

    大阪北部地震で注目…活断層“直撃リスク”のある「17原発」

  9. 9

    コロンビアに勝利も…釜本氏は攻撃停滞と決定機ミスに注文

  10. 10

    電撃辞任後は連勝も…楽天“ポスト梨田”に挙がる2人の名前

もっと見る