「ラストワルツ」村上龍著

公開日:  更新日:

 最近、読書量が減った理由のひとつに、面白い本が少ないことがある。現代はITの進歩と国際政治や経済の進歩が速すぎて出版がそれを消化できない。読者も原発の安全性などさまざまなことがよく分からず不安なため、占いとか食べ物などのどうでもいい本に興味が向かうのだ。大多数の若者は、どんなトレーニングをしてどんな職種を目指せばいいか分からない。大多数の中高年もどうやって老後を生きればいいのか、不安に怯えている。「最大の問題は『一般的な解がない時代』をこれまで誰も経験していないということだ」

 予測が難しい時代を鋭くえぐる村上龍の18のエッセー。(KKベストセラーズ 1300円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  4. 4

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  5. 5

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  6. 6

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  7. 7

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  8. 8

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  9. 9

    検査入院発表も…二階幹事長は2週間不在で“重病説”急浮上

  10. 10

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

もっと見る