• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「葬送の仕事師たち」井上理津子氏

 葬儀社社員、納棺師、遺体復元師、エンバーマー、火葬場職員ら、自らを語ることがあまりなかった職種の人たちに、仕事ぶりと「死」への思いを聞いたノンフィクションだ。

「2008年に両親を亡くしたんですが、真夜中に葬儀屋さんが来てくれたとき、後光が差して見えました。見送りを手伝ってもらえた感謝の念が大きかったんです。ところが、その後『葬式は、要らない』のブーム。ちょっと待って。その議論の前に、葬送の仕事をしている人たちのリアルな現場や思いを知ろうよと思ったのが、この本を書こうと思ったきっかけです」

 狭い階段で遺体を背負って運ぶ葬儀屋、「おつかれさまでした」と話しかけながら遺体を洗う湯灌師、闘病でやせ細った顔をふくよかに整える復元師。登場する「遺体まわり」の人たちの誠心誠意の仕事ぶりが印象的だ。

「実は私も、見えないところで“手抜き”もありだろうと思っていたんですが、生半可な気持ちでは続かない仕事だと頭が下がることしきりでした。心臓が止まった瞬間から、遺体は腐り始める。でも、遺族に少しでもいいお別れをしてほしいと、手を尽くしてらっしゃる。遺体に科学的施術をし、生前に極めて近い顔かたちに戻すエンバーマーという資格職もあるんですよ」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    もし破局したら…“恋愛露出狂”剛力&前澤社長の未来予想図

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  4. 4

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  5. 5

    ガッツポーズ禁止と熱中症“美談化”…球児を潰すご都合主義

  6. 6

    カネと欲望がうごめく甲子園 ネット裏“怪情報”<上>

  7. 7

    剛力彩芽へ助言…私生活をSNSにアップする女優は伸びない

  8. 8

    まるで炎上商法 “超人ショー”と化した24時間TVの存在価値

  9. 9

    剛力は助言無視で再炎上…救えるのはバナナマン日村だけか

  10. 10

    安倍首相が異例の神社参拝3連発 総裁選に不安で“神頼み”

もっと見る