「葬送の仕事師たち」井上理津子氏

公開日: 更新日:

 葬儀社社員、納棺師、遺体復元師、エンバーマー、火葬場職員ら、自らを語ることがあまりなかった職種の人たちに、仕事ぶりと「死」への思いを聞いたノンフィクションだ。

「2008年に両親を亡くしたんですが、真夜中に葬儀屋さんが来てくれたとき、後光が差して見えました。見送りを手伝ってもらえた感謝の念が大きかったんです。ところが、その後『葬式は、要らない』のブーム。ちょっと待って。その議論の前に、葬送の仕事をしている人たちのリアルな現場や思いを知ろうよと思ったのが、この本を書こうと思ったきっかけです」

 狭い階段で遺体を背負って運ぶ葬儀屋、「おつかれさまでした」と話しかけながら遺体を洗う湯灌師、闘病でやせ細った顔をふくよかに整える復元師。登場する「遺体まわり」の人たちの誠心誠意の仕事ぶりが印象的だ。

「実は私も、見えないところで“手抜き”もありだろうと思っていたんですが、生半可な気持ちでは続かない仕事だと頭が下がることしきりでした。心臓が止まった瞬間から、遺体は腐り始める。でも、遺族に少しでもいいお別れをしてほしいと、手を尽くしてらっしゃる。遺体に科学的施術をし、生前に極めて近い顔かたちに戻すエンバーマーという資格職もあるんですよ」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    無能クズっぷり全国トップの吉村知事が「評価」される怖さ

  2. 2

    ジャニー喜多川氏のタイプはタッキー、東山、中居に分類

  3. 3

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  4. 4

    橋本環奈が辿る剛力彩芽と同じ道 USEN宇野会長と親密報道

  5. 5

    二階堂ふみ“争奪戦”勃発…紅白での異能ぶりで評価爆上がり

  6. 6

    吉村府知事また出たドヤ顔“妄言”「陽性者と感染者は違う」

  7. 7

    トランプ「有罪」へ秒読み開始 共和党議員から20人造反か

  8. 8

    再エネで「嘘」を…英国政府を“激怒”させた経産省の大失態

  9. 9

    東京五輪「中止」正式決定へ“秒読み”…デッドラインは2月

  10. 10

    嵐・二宮「パパに!」報道が意外とファンに祝福されるワケ

もっと見る

人気キーワード