「葬送の仕事師たち」井上理津子氏

公開日:  更新日:

 葬儀社社員、納棺師、遺体復元師、エンバーマー、火葬場職員ら、自らを語ることがあまりなかった職種の人たちに、仕事ぶりと「死」への思いを聞いたノンフィクションだ。

「2008年に両親を亡くしたんですが、真夜中に葬儀屋さんが来てくれたとき、後光が差して見えました。見送りを手伝ってもらえた感謝の念が大きかったんです。ところが、その後『葬式は、要らない』のブーム。ちょっと待って。その議論の前に、葬送の仕事をしている人たちのリアルな現場や思いを知ろうよと思ったのが、この本を書こうと思ったきっかけです」

 狭い階段で遺体を背負って運ぶ葬儀屋、「おつかれさまでした」と話しかけながら遺体を洗う湯灌師、闘病でやせ細った顔をふくよかに整える復元師。登場する「遺体まわり」の人たちの誠心誠意の仕事ぶりが印象的だ。

「実は私も、見えないところで“手抜き”もありだろうと思っていたんですが、生半可な気持ちでは続かない仕事だと頭が下がることしきりでした。心臓が止まった瞬間から、遺体は腐り始める。でも、遺族に少しでもいいお別れをしてほしいと、手を尽くしてらっしゃる。遺体に科学的施術をし、生前に極めて近い顔かたちに戻すエンバーマーという資格職もあるんですよ」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  4. 4

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  5. 5

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  6. 6

    高校68本塁打 早実野村プロ入り決意の裏にソフトB王会長

  7. 7

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  8. 8

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  9. 9

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  10. 10

    “猫の目”打線にも順応 ソフトB中村は打順を選ばぬ仕事人

もっと見る