• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「葬送の仕事師たち」井上理津子氏

 葬儀社社員、納棺師、遺体復元師、エンバーマー、火葬場職員ら、自らを語ることがあまりなかった職種の人たちに、仕事ぶりと「死」への思いを聞いたノンフィクションだ。

「2008年に両親を亡くしたんですが、真夜中に葬儀屋さんが来てくれたとき、後光が差して見えました。見送りを手伝ってもらえた感謝の念が大きかったんです。ところが、その後『葬式は、要らない』のブーム。ちょっと待って。その議論の前に、葬送の仕事をしている人たちのリアルな現場や思いを知ろうよと思ったのが、この本を書こうと思ったきっかけです」

 狭い階段で遺体を背負って運ぶ葬儀屋、「おつかれさまでした」と話しかけながら遺体を洗う湯灌師、闘病でやせ細った顔をふくよかに整える復元師。登場する「遺体まわり」の人たちの誠心誠意の仕事ぶりが印象的だ。

「実は私も、見えないところで“手抜き”もありだろうと思っていたんですが、生半可な気持ちでは続かない仕事だと頭が下がることしきりでした。心臓が止まった瞬間から、遺体は腐り始める。でも、遺族に少しでもいいお別れをしてほしいと、手を尽くしてらっしゃる。遺体に科学的施術をし、生前に極めて近い顔かたちに戻すエンバーマーという資格職もあるんですよ」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    パワハラ男性マネをクビに!長澤まさみの凄みは色気と男気

  2. 2

    がん患者にヤジ 自民・穴見議員に政治資金“還流”疑惑浮上

  3. 3

    嘘で嘘を塗り固め…加計理事長に逮捕の可能性はあるのか

  4. 4

    オリラジ中田が消えたワケ…妥当すぎる正論コメントがアダ

  5. 5

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  6. 6

    やる気あるのか日朝会談 北の“天敵”が交渉役の危うい選択

  7. 7

    他人事じゃない…韓国でも懸念される「エスコバルの悲劇」

  8. 8

    V候補がGL敗退危機に…アルゼンチン衝撃的惨敗の“元凶”

  9. 9

    大迫弾お膳立ても“過去の人”…本田圭佑の気になるW杯後

  10. 10

    元TOKIO山口達也が5億円豪邸売却へ 収入失い債務資金枯渇

もっと見る