「テノヒラ幕府株式会社」安藤祐介著

公開日: 更新日:

 25歳にしてアルバイトで食いつなぐ立浪拓真は、2度目の就職活動中。採用試験を受けては落とされ、アパートのガスを止められるところまで追い詰められた。そんな拓真のもとに、スマートフォン向けのゲームを作るテノヒラ幕府株式会社から一通のメールが届く。大学生の頃に、サイトに投稿していたイラスト作品を見た採用担当者からのメールで、一度会社に来ませんかという誘いだった。訪ねていったそのベンチャー会社で待っていたのは、若手女性社長の寺井サチと個性豊かな社員たち。そして、唯一の同期は一流企業から転職してきたロマンスグレーの企業人・小野里という男だった。果たして、極端に毛色の違う拓真と小野里の運命はいかに……。

「被取締役新入社員」でTBS・講談社第1回ドラマ原作大賞を受賞してデビューした著者の最新作。ITベンチャーに、再起をかけた中高年の企業戦士とゆとり世代の青年を放り込み、巻き起こる人間劇をコミカルに描く。(講談社 1550円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「桜を見る会」悪徳マルチ跋扈を許した経産OBと官邸の黒幕

  2. 2

    「山健組」の弱体化を招いた元ナンバー3への“絶縁処分”

  3. 3

    TV局が3カ月でしゃぶりつくした“ラグビーバブル”終焉の先

  4. 4

    ゴルフ石川遼が28歳で10億円も…野球とは稼ぎで“雲泥の差”

  5. 5

    大谷、菅野…更改で気になる高給取り5選手のカネの使い道

  6. 6

    「馬毛島」を防衛省に売却 86歳老経営者の14年の“粘り腰”

  7. 7

    北朝鮮が「重大実験」発表 米との対立再燃“Xデー”は2.16か

  8. 8

    相次ぐ女子プロのツアー引退…それでも老後ウハウハなワケ

  9. 9

    平井堅とんだトバッチリ「4分間のマリーゴールド」低迷で

  10. 10

    カジノで景気を語る政治家はまるで権力を握った“詐欺師”だ

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る