• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「テノヒラ幕府株式会社」安藤祐介著

 25歳にしてアルバイトで食いつなぐ立浪拓真は、2度目の就職活動中。採用試験を受けては落とされ、アパートのガスを止められるところまで追い詰められた。そんな拓真のもとに、スマートフォン向けのゲームを作るテノヒラ幕府株式会社から一通のメールが届く。大学生の頃に、サイトに投稿していたイラスト作品を見た採用担当者からのメールで、一度会社に来ませんかという誘いだった。訪ねていったそのベンチャー会社で待っていたのは、若手女性社長の寺井サチと個性豊かな社員たち。そして、唯一の同期は一流企業から転職してきたロマンスグレーの企業人・小野里という男だった。果たして、極端に毛色の違う拓真と小野里の運命はいかに……。

「被取締役新入社員」でTBS・講談社第1回ドラマ原作大賞を受賞してデビューした著者の最新作。ITベンチャーに、再起をかけた中高年の企業戦士とゆとり世代の青年を放り込み、巻き起こる人間劇をコミカルに描く。(講談社 1550円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  2. 2

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  3. 3

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  4. 4

    衝撃の発毛剤CM 草彅剛の“捨て身っぷり”が称賛されるワケ

  5. 5

    被災地で黙々とボランティア活動 吉川晃司の“気骨と矜持”

  6. 6

    3年ぶり減益予想 企業業績の悪化がアベノミクスのトドメに

  7. 7

    山根明氏が天覧試合で解説…写真の存在に文科省が戦々恐々

  8. 8

    石破氏の「公平な行政」パクリ…安倍首相の姑息な争点潰し

  9. 9

    憧れの安室も絶賛 イモトアヤコは「イエスマン」報われた

  10. 10

    ガッツポーズ禁止と熱中症“美談化”…球児を潰すご都合主義

もっと見る