「大奥の座敷童子」堀川アサコ著

公開日:  更新日:

 主人公は、野笛藩城下一の美人に選ばれた14歳の今井一期(いまい・いちご)。財政難の野笛藩から「大奥に居る座敷童子を見つけてこい」という命を受けて、お志賀の方のお世話係として大奥に入り込んだ。何でも50年前に野笛にいた座敷童子が、大奥に上がった女と一緒に江戸に行ってしまったのが藩の財政難の原因なので、見つけ出せば万事解決するというお告げが御用達の霊能者からあったというのだ。

 あまりのおかしな命に首をかしげつつも大奥で暮らすことになった一期は、そこで御年寄の嵐山、御次の茜、伊賀者の唐次などの個性豊かな面々や摩訶不思議な妖怪たちに出会う。果たして、一期は座敷童子を見つけることができるのか……。

「闇鏡」で第18回日本ファンタジーノベル大賞優秀賞を受賞して以来、「幻想郵便局」「月夜彦」などのファンタジーノベルで定評のある著者の最新作。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    水道法改正の裏で…民間業者「水を止める」と住民“脅迫”

  3. 3

    今度は雑誌がバカ売れ…女性の圧倒的支持を得た白石麻衣

  4. 4

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

  5. 5

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  6. 6

    偶然なのか…「不適切入試」の医学部はなぜかブラック病院

  7. 7

    4K&8Kテレビの選び方は…両方導入したプロが基礎を解説

  8. 8

    家庭内でも孤立…貴乃花が妻と弟子にした“正座説教”1時間

  9. 9

    専門家が指摘…あおり運転は善良なドライバーもやっている

  10. 10

    上沼恵美子で騒ぐ連中の勉強不足…便乗TVもどうかしている

もっと見る