「詩人の死」正津勉著

公開日:  更新日:

 北村透谷から寺山修司まで、今なお読み継がれる珠玉の詩を残して足早にこの世を去った詩人たちの作品と、その死までの足跡をたどった一冊。

 北村透谷の死の予兆を彼の詩の変化に見いだし、石川啄木の詩に織り込まれた舶来化した言葉の中に絶望しきった悲しさを読み取る。「どうも間もなく死にそうです」とつづった宮沢賢治、「死と私は遊ぶ様になった」と書いた村山槐多、「人はお墓へ入ります」と歌った金子みすゞなど、死という観点から見た詩人の内面についての考察は興味深い。

 著者の姉との交友をきっかけに自身も面識があったという寺山修司とのエピソードは、死をも作品化してしまう詩人の業がうかがい知れる。

 巻末にはあとがき代わりとして、谷川雁を取り上げている。95年まで生きた谷川は早世とはいえないものの、肉体の死の半世紀前に「私の中にあった『瞬間の王』は死んだ」として詩人としての自分を葬っているという指摘には、はっとさせられる。(東洋出版 1600円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  4. 4

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  5. 5

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  6. 6

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  7. 7

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  8. 8

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  9. 9

    検査入院発表も…二階幹事長は2週間不在で“重病説”急浮上

  10. 10

    安倍内閣の支持率下落 “首相応援団”の世論調査で3カ月連続

もっと見る