• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「山月庵茶会記」葉室麟著

 かつて黒島藩の勘定奉行を務めた柏木靱負が豊後に帰ってきた。柏木は16年前、家老の座を土屋左大夫と争って敗れ、藩政から身を引いた。それだけではなく、妻の藤尾が不義密通の疑いをかけられて自害するという悲運にも見舞われた。京から帰国した柏木は養子のいる屋敷には入らず、荒れていた別邸を修繕して山月庵と名づけ、茶人としての生活を始める。柏木は山月庵で茶事を催すが、招いたのは、柏木を裏切って土屋についた者や、藤尾の密通の噂を知っていると思われる者だった。やがて、藤尾の死には藩の機密が関わっていたことが見えてくる。

 好評の黒島藩シリーズ第3弾。(講談社 1550円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    県警・消防は380人動員 なぜ理稀ちゃんを発見できなかった

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    もし破局したら…“恋愛露出狂”剛力&前澤社長の未来予想図

  4. 4

    まるで大使館…剛力彩芽&前澤社長の“100億円豪邸”を発見

  5. 5

    総裁選で論戦拒否…安倍首相が打って出た「逃げ恥」作戦

  6. 6

    ドラ1候補社会人も“直メジャー”…日本球界はなぜ嫌われる

  7. 7

    まるで炎上商法 “超人ショー”と化した24時間TVの存在価値

  8. 8

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  9. 9

    国連が原発作業員の被ばく危惧も…安倍政権またもガン無視

  10. 10

    巨人・重信の台頭で…“FAの目玉”広島・丸の獲得に影響も

もっと見る