「寝たきり老人になりたくないなら大腰筋を鍛えなさい」久野譜也著

公開日: 更新日:

 人間の筋肉量は20代以降、1年で1%ずつ減っていくという。20代の時点を100とすると、30代では筋肉量が10%減、40代では20%減ということだ。

 こうした筋肉量の低下は30代ぐらいまでは気にならないかも知れない。しかし、放っておけば70代の頃には筋肉量が半分になり、運動どころか日常生活まで困難になりかねない。とはいえ、ハードな筋トレで体中の筋肉を強化するのは大変だ。

 そこで、寝たきりにならないために鍛えておきたいのが大腰筋。体の奥にあり、背骨と大腿骨をつなぐ大腰筋は、歩行能力に深く関係し、これが細くなると歩く速度も著しく低下するという。

 椅子に座った姿勢で太ももを上げる、片足を真横に上げるなど、大腰筋を鍛えるエクササイズも紹介する。(飛鳥新社 1111円+税)



日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    男男男男男男男男男男男男男男の大家族についに女児誕生!

  2. 2

    菅野vs千賀なら欲しいのは…メジャーがつける“値段の差”

  3. 3

    マッチ引退窮地…事務所の後ろ盾・人望・居場所すべてナシ

  4. 4

    原監督は思考停止か…巨人崖っぷち3連敗招いた不可解采配

  5. 5

    安倍前首相「桜」捜査 カギ握る“闇任務”秘書と河井前法相

  6. 6

    巨人ぶざまな日本S敗退でコーチ粛清…元木&宮本“詰め腹”も

  7. 7

    マッチ“火遊び”の代償 25歳下との不倫に中森明菜も呆れ顔

  8. 8

    傲慢マッチ処分の裏側…“育ての親”メリー氏が苦渋の選択

  9. 9

    みのもんた“後妻業の女”に手切れ金1.5億円 終活との関係は

  10. 10

    タッキー副社長の評価急上昇 リストラに新事業に獅子奮迅

もっと見る

人気キーワード