「体質改善には、3つの呼吸を覚えなさい」大野君子著、山本晴義監修

公開日:  更新日:

 呼吸とは酸素を取り込むだけでなく、横隔膜を刺激して肝臓や胃をマッサージする効果があり、自律神経を整えてストレスを軽くする効果もあると説く。科学的見地からも体調改善効果が実証されているという縹(はなだ)式自然呼吸法の創始者が、自宅でも簡単にできる呼吸法を伝授する。

 縹式は呼吸に関わる筋肉をフル活動させるのが特徴。基本呼吸の姿勢では、まずうつぶせになって頭を真横に向けて床に耳をつける。次に鼻から息を吸い込み3秒間止め、上半身の力を抜きながら口をすぼめて少しずつ息を吐く。

 首の向きを左右に変えながら複数回行うことで、首回りの筋肉も鍛えられ、脳への血流経路が保護されてストレスや不眠などの解消が期待できるそうだ。(三五館 1300円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    CS進出の可能性も…DeNAラミレス監督“オリックス就活”情報

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  8. 8

    明々白々…アベシンゾー氏の夢は「大日本帝国をもう一度」

  9. 9

    消費税撤廃に続き…有言実行のマレーシア首相が反原発宣言

  10. 10

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

もっと見る