「断薬セラピー」宇多川久美子著

公開日:  更新日:

 多くの日本人が“薬は必要”と思い込まされているが、元薬剤師である著者は薬をやめることこそ健康への第一歩であると説いている。

 例えば、血圧の薬。かつて高血圧の基準は「年齢+90㎜Hg」とされていて、60歳であれば150、80歳であれば170で何の問題もなかった。ところが今では、年齢に関係なく「130~140未満」という基準値が設けられ、元気な高齢者は中年者の基準に合わせるべく降圧剤を飲まされているという。高齢者がむやみに降圧剤を飲むと血の巡りが悪くなり、各種の体調不良や認知症のリスクが高まることも分かってきた。

 本書には、薬にまつわるさまざまな誤解や真実がつづられている。薬の飲み過ぎに疑問を持っている人は必読だ。

(WAVE出版 1300円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  3. 3

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  4. 4

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  5. 5

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  6. 6

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  7. 7

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  8. 8

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  9. 9

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  10. 10

    日ロ交渉はお先真っ暗…完黙でつけ込まれる河野“無能”外相

もっと見る