• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「断薬セラピー」宇多川久美子著

 多くの日本人が“薬は必要”と思い込まされているが、元薬剤師である著者は薬をやめることこそ健康への第一歩であると説いている。

 例えば、血圧の薬。かつて高血圧の基準は「年齢+90㎜Hg」とされていて、60歳であれば150、80歳であれば170で何の問題もなかった。ところが今では、年齢に関係なく「130~140未満」という基準値が設けられ、元気な高齢者は中年者の基準に合わせるべく降圧剤を飲まされているという。高齢者がむやみに降圧剤を飲むと血の巡りが悪くなり、各種の体調不良や認知症のリスクが高まることも分かってきた。

 本書には、薬にまつわるさまざまな誤解や真実がつづられている。薬の飲み過ぎに疑問を持っている人は必読だ。

(WAVE出版 1300円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    衝撃の発毛剤CM 草彅剛の“捨て身っぷり”が称賛されるワケ

  4. 4

    被災地で黙々とボランティア活動 吉川晃司の“気骨と矜持”

  5. 5

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  6. 6

    山根明氏が天覧試合で解説…写真の存在に文科省が戦々恐々

  7. 7

    石破氏の「公平な行政」パクリ…安倍首相の姑息な争点潰し

  8. 8

    憧れの安室も絶賛 イモトアヤコは「イエスマン」報われた

  9. 9

    フジは稲垣をドラマ起用 立ち位置に違いが出始めた元SMAP

  10. 10

    3年ぶり減益予想 企業業績の悪化がアベノミクスのトドメに

もっと見る