「うつの8割に薬は無意味」井原裕著

公開日: 更新日:

 うつ病を治す薬として処方される抗うつ薬。しかし、8割の患者には効果がないと著者はいう。
 厚生労働省の調査では、うつ病の患者数は100万人を超えたとされているから、およそ80万人は抗うつ薬を服用しても意味がないことになる。この事実は、精神科医も製薬会社も古くから知っていたことで、20年前に行われたうつ病に対する偽薬を用いたプラセボ対照試験でも、抗うつ薬で改善した人は60%、プラセボで改善した人が40%で、抗うつ薬を使わないと改善しない人はわずか20%という結果が出ているという。

 本書では、睡眠日誌をつけて睡眠リズムを整えることや、断酒によって情緒の安定を図るなど、抗うつ薬服用の前に行うべき生活改善なども紹介していく。(朝日新聞出版 820円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    桜を見る会前夜 安倍事務所とニューオータニに裏取引疑惑

  2. 2

    山口ポスティングでメジャー移籍へ 巨人初容認4つの裏事情

  3. 3

    優樹菜脱落…新ママタレ戦線のダークホースは“無臭”コンビ

  4. 4

    芦田愛菜は大絶賛も…“着物姿”を比べられた神田うのの悲哀

  5. 5

    G山口ポスティング決定も評価辛口 年俸1000万円の可能性も

  6. 6

    「元ミヤネ屋」巨人春川国際部長 たった7カ月で“お払い箱”

  7. 7

    美馬に続き鈴木にもフラれ…巨人FA2連敗が“怪我の功名”に

  8. 8

    ソフトバンク1位・佐藤直樹 ドラフト当日に上がった悲鳴

  9. 9

    「桜を見る会」問題 国会では真相の究明のみ全力を尽くせ

  10. 10

    石川秀美が地元誌に語った薬丸との最先端“ハワイ別居”生活

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る