「うつの8割に薬は無意味」井原裕著

公開日: 更新日:

 うつ病を治す薬として処方される抗うつ薬。しかし、8割の患者には効果がないと著者はいう。
 厚生労働省の調査では、うつ病の患者数は100万人を超えたとされているから、およそ80万人は抗うつ薬を服用しても意味がないことになる。この事実は、精神科医も製薬会社も古くから知っていたことで、20年前に行われたうつ病に対する偽薬を用いたプラセボ対照試験でも、抗うつ薬で改善した人は60%、プラセボで改善した人が40%で、抗うつ薬を使わないと改善しない人はわずか20%という結果が出ているという。

 本書では、睡眠日誌をつけて睡眠リズムを整えることや、断酒によって情緒の安定を図るなど、抗うつ薬服用の前に行うべき生活改善なども紹介していく。(朝日新聞出版 820円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は思考停止か…巨人崖っぷち3連敗招いた不可解采配

  2. 2

    巨人ぶざまな日本S敗退でコーチ粛清…元木&宮本“詰め腹”も

  3. 3

    巨人に4タテ完勝 ソフトBの執念を象徴する初戦9回裏の反省

  4. 4

    菅首相のGoTo“鉄板答弁”破綻「4000万人中、感染者180人」

  5. 5

    ソフトは本気 王会長「工藤→小久保→城島」で狙うV10構想

  6. 6

    小池都知事のご乱心 焦りが透けた支離滅裂のイライラ会見

  7. 7

    巨人痛感ソフトとの差…“ヤケっぱち”補強で虎ボーアに照準

  8. 8

    高部知子“ニャンニャン写真”流出の顛末 元カレは自殺した

  9. 9

    コロナ禍の最中に…小池都知事は退職金3500万円を得ていた

  10. 10

    菅野vs千賀なら欲しいのは…メジャーがつける“値段の差”

もっと見る

人気キーワード