「うつの8割に薬は無意味」井原裕著

公開日:  更新日:

 うつ病を治す薬として処方される抗うつ薬。しかし、8割の患者には効果がないと著者はいう。
 厚生労働省の調査では、うつ病の患者数は100万人を超えたとされているから、およそ80万人は抗うつ薬を服用しても意味がないことになる。この事実は、精神科医も製薬会社も古くから知っていたことで、20年前に行われたうつ病に対する偽薬を用いたプラセボ対照試験でも、抗うつ薬で改善した人は60%、プラセボで改善した人が40%で、抗うつ薬を使わないと改善しない人はわずか20%という結果が出ているという。

 本書では、睡眠日誌をつけて睡眠リズムを整えることや、断酒によって情緒の安定を図るなど、抗うつ薬服用の前に行うべき生活改善なども紹介していく。(朝日新聞出版 820円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

  8. 8

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  9. 9

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  10. 10

    【日曜中山11R・オールカマー】今年も絶好調!ルメール レイデオロ

もっと見る