「最初に知っておきたい認知症」杉山孝博著

公開日: 更新日:

 認知症患者の家族の介護負担を軽くするための“9大法則”を紹介する本書。認知症を正しく理解することで、認知症特有の困った症状に上手な対応ができるよう分かりやすく解説していく。

 例えば、「感情残像の法則」だ。認知症では、記憶障害が起こることで話したり聞いたりしたことはすぐに忘れるが、感情はしっかりと残っている。そのため、間違いを正されると内容は忘れても、相手に対しては“うるさい嫌な人”という感情が残ってしまう。

 そこで、患者にどんなことをされてもまず「ありがとう」と言ったり、「ご飯おいしかった? よかったね」などと話の終わりに“共感”を示す言葉を付けるとよい。患者の気持ちが落ち着き、認知症特有の言動も徐々に穏やかになっていくという。

(新日本出版社 800円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    桜を見る会前夜 安倍事務所とニューオータニに裏取引疑惑

  2. 2

    山口ポスティングでメジャー移籍へ 巨人初容認4つの裏事情

  3. 3

    優樹菜脱落…新ママタレ戦線のダークホースは“無臭”コンビ

  4. 4

    芦田愛菜は大絶賛も…“着物姿”を比べられた神田うのの悲哀

  5. 5

    G山口ポスティング決定も評価辛口 年俸1000万円の可能性も

  6. 6

    「元ミヤネ屋」巨人春川国際部長 たった7カ月で“お払い箱”

  7. 7

    美馬に続き鈴木にもフラれ…巨人FA2連敗が“怪我の功名”に

  8. 8

    ソフトバンク1位・佐藤直樹 ドラフト当日に上がった悲鳴

  9. 9

    「桜を見る会」問題 国会では真相の究明のみ全力を尽くせ

  10. 10

    石川秀美が地元誌に語った薬丸との最先端“ハワイ別居”生活

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る