「最初に知っておきたい認知症」杉山孝博著

公開日: 更新日:

 認知症患者の家族の介護負担を軽くするための“9大法則”を紹介する本書。認知症を正しく理解することで、認知症特有の困った症状に上手な対応ができるよう分かりやすく解説していく。

 例えば、「感情残像の法則」だ。認知症では、記憶障害が起こることで話したり聞いたりしたことはすぐに忘れるが、感情はしっかりと残っている。そのため、間違いを正されると内容は忘れても、相手に対しては“うるさい嫌な人”という感情が残ってしまう。

 そこで、患者にどんなことをされてもまず「ありがとう」と言ったり、「ご飯おいしかった? よかったね」などと話の終わりに“共感”を示す言葉を付けるとよい。患者の気持ちが落ち着き、認知症特有の言動も徐々に穏やかになっていくという。

(新日本出版社 800円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は思考停止か…巨人崖っぷち3連敗招いた不可解采配

  2. 2

    巨人ぶざまな日本S敗退でコーチ粛清…元木&宮本“詰め腹”も

  3. 3

    巨人に4タテ完勝 ソフトBの執念を象徴する初戦9回裏の反省

  4. 4

    菅首相のGoTo“鉄板答弁”破綻「4000万人中、感染者180人」

  5. 5

    ソフトは本気 王会長「工藤→小久保→城島」で狙うV10構想

  6. 6

    小池都知事のご乱心 焦りが透けた支離滅裂のイライラ会見

  7. 7

    巨人痛感ソフトとの差…“ヤケっぱち”補強で虎ボーアに照準

  8. 8

    高部知子“ニャンニャン写真”流出の顛末 元カレは自殺した

  9. 9

    コロナ禍の最中に…小池都知事は退職金3500万円を得ていた

  10. 10

    菅野vs千賀なら欲しいのは…メジャーがつける“値段の差”

もっと見る

人気キーワード