「最初に知っておきたい認知症」杉山孝博著

公開日:  更新日:

 認知症患者の家族の介護負担を軽くするための“9大法則”を紹介する本書。認知症を正しく理解することで、認知症特有の困った症状に上手な対応ができるよう分かりやすく解説していく。

 例えば、「感情残像の法則」だ。認知症では、記憶障害が起こることで話したり聞いたりしたことはすぐに忘れるが、感情はしっかりと残っている。そのため、間違いを正されると内容は忘れても、相手に対しては“うるさい嫌な人”という感情が残ってしまう。

 そこで、患者にどんなことをされてもまず「ありがとう」と言ったり、「ご飯おいしかった? よかったね」などと話の終わりに“共感”を示す言葉を付けるとよい。患者の気持ちが落ち着き、認知症特有の言動も徐々に穏やかになっていくという。

(新日本出版社 800円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

  8. 8

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  9. 9

    スワロフスキー7500個「100万円ベビーカー」の乗り心地は

  10. 10

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

もっと見る