「最初に知っておきたい認知症」杉山孝博著

公開日:  更新日:

 認知症患者の家族の介護負担を軽くするための“9大法則”を紹介する本書。認知症を正しく理解することで、認知症特有の困った症状に上手な対応ができるよう分かりやすく解説していく。

 例えば、「感情残像の法則」だ。認知症では、記憶障害が起こることで話したり聞いたりしたことはすぐに忘れるが、感情はしっかりと残っている。そのため、間違いを正されると内容は忘れても、相手に対しては“うるさい嫌な人”という感情が残ってしまう。

 そこで、患者にどんなことをされてもまず「ありがとう」と言ったり、「ご飯おいしかった? よかったね」などと話の終わりに“共感”を示す言葉を付けるとよい。患者の気持ちが落ち着き、認知症特有の言動も徐々に穏やかになっていくという。

(新日本出版社 800円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    肺病の赤ん坊に客が1stクラスを 母親の感謝投稿に圧倒共感

  2. 2

    熱愛ゼロの草食ぶり…新垣結衣は私生活でも獣になれない?

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    “質問無視”連発の河野外相 政治資金で「外食三昧」の日々

  5. 5

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  6. 6

    セクゾ松島もパニック障害…ジャニーズで病欠が相次ぐワケ

  7. 7

    実力は和牛でも…霜降り明星「M-1優勝」のメンタルを分析

  8. 8

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

  9. 9

    市場に流れる日産「上場廃止」説 “積極退場”の仰天情報も

  10. 10

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

もっと見る