「ステロイドと『患者の知』」牛山美穂著

公開日:  更新日:

 アトピー性皮膚炎の治療に用いられるステロイドは、副作用の問題から使用の是非が問われ続けている。本書では、いまだ明確な方向性の見えていないステロイドの使用について、近代医療や民間医療などさまざまな専門分野の現状をまとめている。

 日本皮膚科学会のガイドラインでは、ステロイドの使用をアトピー性皮膚炎の標準治療としている。

 金沢大学医学部皮膚科教授の竹原和彦氏は、民間療法を含む脱ステロイド療法に明確な批判を表し、いわゆる“アトピービジネス”がはやる背景などを分析。

 一方、皮膚科医の中でも脱ステロイドを提唱する医師も多い。本書では、皮膚に塗るタール剤や、α-リノレン酸を取る食事療法などが用いられるケースも増えている現状を明らかにしている。(新曜社 2100円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    CS進出の可能性も…DeNAラミレス監督“オリックス就活”情報

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  8. 8

    明々白々…アベシンゾー氏の夢は「大日本帝国をもう一度」

  9. 9

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  10. 10

    消費税撤廃に続き…有言実行のマレーシア首相が反原発宣言

もっと見る