• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「俺の日本史」小谷野敦著

投稿日:  更新日:

 歴史は偶然と必然のからみ合いであり、「なぜ」と問うのは無意味だと著者は説く。法則を見いだそうとするのではなく、ただ事実を追求すべしという氏が、自らの歴史観に立って、古代から幕末までを論じた日本史テキスト。

 卑弥呼の国・邪馬台国について書かれた「魏志倭人伝」などとても信用できず、シナの史書に出てくる倭の五王と天皇の対比などは、材料が少なすぎて本当のところは分からないと指摘。その他、聖徳太子の人物像、神風が吹いて敵を追い払ったといわれる2度目の蒙古襲来の真相、明智光秀が織田信長を討った理由、坂本龍馬が政治史上果たした役割など。これまでの日本史に対する知識が覆される学び直しの書。 (新潮社 760円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    虎最下位で金本続投白紙…後任に掛布・岡田という“断末魔”

  2. 2

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  3. 3

    ラミ監督は窮地…DeNA“横浜回帰”で浮上する次期監督の名前

  4. 4

    投票の“証拠写メ”強制…沖縄知事選で自公が異常な締めつけ

  5. 5

    浮沈はサーシャに…大坂なおみ“女王君臨”への落とし穴

  6. 6

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

  7. 7

    杉田水脈議員“擁護論”の怪 「論として成立」していない

  8. 8

    貿易戦争 中国の切り札「米国債売却」で日本にシワ寄せ

  9. 9

    テニス協会が大坂なおみへ 全米V報奨金800万円は妥当か

  10. 10

    大坂なおみに完敗 女王セリーナが全米決勝で逆上した真相

もっと見る