「俺の日本史」小谷野敦著

公開日: 更新日:

 歴史は偶然と必然のからみ合いであり、「なぜ」と問うのは無意味だと著者は説く。法則を見いだそうとするのではなく、ただ事実を追求すべしという氏が、自らの歴史観に立って、古代から幕末までを論じた日本史テキスト。

 卑弥呼の国・邪馬台国について書かれた「魏志倭人伝」などとても信用できず、シナの史書に出てくる倭の五王と天皇の対比などは、材料が少なすぎて本当のところは分からないと指摘。その他、聖徳太子の人物像、神風が吹いて敵を追い払ったといわれる2度目の蒙古襲来の真相、明智光秀が織田信長を討った理由、坂本龍馬が政治史上果たした役割など。これまでの日本史に対する知識が覆される学び直しの書。 (新潮社 760円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    男男男男男男男男男男男男男男の大家族についに女児誕生!

  2. 2

    菅野vs千賀なら欲しいのは…メジャーがつける“値段の差”

  3. 3

    マッチ“火遊び”の代償 25歳下との不倫に中森明菜も呆れ顔

  4. 4

    マッチ引退窮地…事務所の後ろ盾・人望・居場所すべてナシ

  5. 5

    原監督は思考停止か…巨人崖っぷち3連敗招いた不可解采配

  6. 6

    安倍前首相「桜」捜査 カギ握る“闇任務”秘書と河井前法相

  7. 7

    巨人ぶざまな日本S敗退でコーチ粛清…元木&宮本“詰め腹”も

  8. 8

    傲慢マッチ処分の裏側…“育ての親”メリー氏が苦渋の選択

  9. 9

    みのもんた“後妻業の女”に手切れ金1.5億円 終活との関係は

  10. 10

    タッキー副社長の評価急上昇 リストラに新事業に獅子奮迅

もっと見る

人気キーワード