「コントに捧げた内村光良の怒り」戸部田誠〈てれびのスキマ〉著

公開日: 更新日:

 テレビで活躍するエンターテイナーたちの評伝。

 デビュー以来、第一線で活躍を続ける「ウッチャンナンチャン」の内村光良は、もともとは映画監督志望で専門学校時代に漫才の授業で現在の相棒・南原清隆と組んだのがコンビ結成のはじまり。就職活動代わりに出演オーディションを受けた「お笑いスター誕生!!」で王座に輝くも、しばらくは不遇の時代が続く。その後、レギュラー番組を持ち人気上昇中、収録中の事故でゲストが死亡するというハプニングにも見舞われる。何度も苦難を乗り越えてきた内村の素顔と半生を活写。

 その他、内村の盟友でリアクション芸人として他の追随を許さぬ出川哲朗笑福亭鶴瓶タモリなど9人(組)が「出演」。

(コアマガジン 787円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は思考停止か…巨人崖っぷち3連敗招いた不可解采配

  2. 2

    巨人ぶざまな日本S敗退でコーチ粛清…元木&宮本“詰め腹”も

  3. 3

    巨人に4タテ完勝 ソフトBの執念を象徴する初戦9回裏の反省

  4. 4

    菅首相のGoTo“鉄板答弁”破綻「4000万人中、感染者180人」

  5. 5

    ソフトは本気 王会長「工藤→小久保→城島」で狙うV10構想

  6. 6

    小池都知事のご乱心 焦りが透けた支離滅裂のイライラ会見

  7. 7

    巨人痛感ソフトとの差…“ヤケっぱち”補強で虎ボーアに照準

  8. 8

    高部知子“ニャンニャン写真”流出の顛末 元カレは自殺した

  9. 9

    コロナ禍の最中に…小池都知事は退職金3500万円を得ていた

  10. 10

    菅野vs千賀なら欲しいのは…メジャーがつける“値段の差”

もっと見る

人気キーワード