日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「コントに捧げた内村光良の怒り」戸部田誠〈てれびのスキマ〉著

 テレビで活躍するエンターテイナーたちの評伝。

 デビュー以来、第一線で活躍を続ける「ウッチャンナンチャン」の内村光良は、もともとは映画監督志望で専門学校時代に漫才の授業で現在の相棒・南原清隆と組んだのがコンビ結成のはじまり。就職活動代わりに出演オーディションを受けた「お笑いスター誕生!!」で王座に輝くも、しばらくは不遇の時代が続く。その後、レギュラー番組を持ち人気上昇中、収録中の事故でゲストが死亡するというハプニングにも見舞われる。何度も苦難を乗り越えてきた内村の素顔と半生を活写。

 その他、内村の盟友でリアクション芸人として他の追随を許さぬ出川哲朗や笑福亭鶴瓶、タモリなど9人(組)が「出演」。

(コアマガジン 787円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事