「抱く女」桐野夏生著

公開日:  更新日:

 この小説の舞台は1972年の吉祥寺。20歳の直子は大学をさぼり、男友達との麻雀やジャズ喫茶でのバイトに明け暮れている。

 学生運動が終焉に向かい、連合赤軍事件が発覚して、「革命」の破綻が露呈したこの時代、学生たちは怠惰と無気力の中にいた。

 親に大学に行かせてもらいながら、わがまま勝手に生きている直子だが、ヒリヒリするような生きづらさを感じている。内ゲバを繰り返す過激派を嫌悪し、ウーマンリブにもなじめない。ひっきりなしにたばこを吸い、酒を飲み、気の向くままに男友達と寝る。

「抱かれる女から抱く女へ」

 これは当時のウーマンリブのスローガンだった。直子も自分の意思で男を抱いているつもりだった。ところが、対等な仲間だと思っていた男たちは、陰で直子を「公衆便所」呼ばわり。それを知って直子は激しく怒り、傷つく。なぜ男たちは女を蔑むのか。これではいつまで経っても男たちと共闘することなどできないし、対等な恋愛もできない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    第2の加計問題? “漁業潰し”仕掛人は規制改革のメンバー

  2. 2

    自画自賛が一転…“イッテQ疑惑”対応を誤った日テレの痛恨

  3. 3

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  4. 4

    巨人マギーの報われない退団 「世代交代」とは遠い実情

  5. 5

    呆れた安倍内閣 「徳」なし総理の下「徳」なし大臣集まる

  6. 6

    巨人のFA丸獲得は“天敵”広島対策 最強オプションの提示も

  7. 7

    日ハム吉田輝星の原点 「投球フォーム」に託した父の願い

  8. 8

    玉城デニー沖縄知事の訪米に官邸・外務省が“横ヤリ”疑惑

  9. 9

    巨人原監督“正捕手起用”の意向…炭谷のFA補強に西武OB警鐘

  10. 10

    原監督は明言も…巨人・岡本「来季三塁構想」の信ぴょう性

もっと見る