「抱く女」桐野夏生著

公開日:  更新日:

 この小説の舞台は1972年の吉祥寺。20歳の直子は大学をさぼり、男友達との麻雀やジャズ喫茶でのバイトに明け暮れている。

 学生運動が終焉に向かい、連合赤軍事件が発覚して、「革命」の破綻が露呈したこの時代、学生たちは怠惰と無気力の中にいた。

 親に大学に行かせてもらいながら、わがまま勝手に生きている直子だが、ヒリヒリするような生きづらさを感じている。内ゲバを繰り返す過激派を嫌悪し、ウーマンリブにもなじめない。ひっきりなしにたばこを吸い、酒を飲み、気の向くままに男友達と寝る。

「抱かれる女から抱く女へ」

 これは当時のウーマンリブのスローガンだった。直子も自分の意思で男を抱いているつもりだった。ところが、対等な仲間だと思っていた男たちは、陰で直子を「公衆便所」呼ばわり。それを知って直子は激しく怒り、傷つく。なぜ男たちは女を蔑むのか。これではいつまで経っても男たちと共闘することなどできないし、対等な恋愛もできない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  2. 2

    巨人ナインに深刻“長野ロス”…超気配り男の逸話伝説も数々

  3. 3

    裏交渉も暴露され…ロシア人も哀れむ安倍政権“土下座”外交

  4. 4

    自公3分の2圧勝シナリオ 1.28通常国会“冒頭解散説”急浮上

  5. 5

    海老蔵は“秒読み”? 没イチ男性が死別再婚する時の注意点

  6. 6

    仏当局捜査“飛び火”か 五輪裏金疑惑で日本政界が戦々恐々

  7. 7

    経団連会長が転換 「原発どんどん再稼働」に飛び交う憶測

  8. 8

    また生え抜き看板…巨人“大チョンボ”長野流出の真相と波紋

  9. 9

    アニキが勧誘も…前広島・新井が「阪神コーチ」断っていた

  10. 10

    初登場G球場で“孤独トレ” 丸は巨人で「我」を貫けるのか

もっと見る