「ぼくは愛を証明しようと思う。」藤沢数希著

公開日:  更新日:

 26歳の「わたなべ」は、東京・田町にある国際特許事務所の一番若い弁理士。ある日、付き合っている彼女の携帯を盗み見て二股をかけられていることを知る。問い詰めると、あっさりふられてしまう。それではと事務所の学生アルバイトを狙うもあえなく撃沈。完全に非モテに陥ってしまった。

 そんな折、六本木のバーでクライアントの永沢が美女に話しかけたかと思うと、あっという間にキスをし連絡先を手に入れるのを目撃する。魔法のような鮮やかさに呆気にとられたわたなべは、永沢にどうすればモテるようになるかの教えを請う。

 永沢いわく、恋愛とは確率のゲームに過ぎず、「モテ=ヒットレシオ(成功率)×試行回数」の数式で表せるという。つまり成功率を高めて回数をこなせばおのずとモテるようになると。こうして、わたなべは永沢から教わった恋愛工学にのっとった方法論も携えて街へナンパに繰り出す。すると面白いように成果が上がり1年後には……。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    水道法改正の裏で…民間業者「水を止める」と住民“脅迫”

  3. 3

    今度は雑誌がバカ売れ…女性の圧倒的支持を得た白石麻衣

  4. 4

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

  5. 5

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  6. 6

    偶然なのか…「不適切入試」の医学部はなぜかブラック病院

  7. 7

    4K&8Kテレビの選び方は…両方導入したプロが基礎を解説

  8. 8

    家庭内でも孤立…貴乃花が妻と弟子にした“正座説教”1時間

  9. 9

    専門家が指摘…あおり運転は善良なドライバーもやっている

  10. 10

    上沼恵美子で騒ぐ連中の勉強不足…便乗TVもどうかしている

もっと見る