「君の膵臓をたべたい」住野よる著

公開日:  更新日:

 人に興味がなく本ばかり読んでいる高校生の<僕>は、盲腸の術後の抜糸のために行った病院で、「共病文庫」と手書きで書かれている一冊の本を拾う。開いてみると、それは膵臓の病気で死が近い人が書いている日々の記録で、その書き手は人気者のクラスメートの山内桜良だった。

 桜良の秘密を知ってしまった<僕>は、今まで全く縁のなかった桜良に秘密を他言しないことを約束させられただけでなく、誘われるままあちこち連れ回される。常に人に囲まれる桜良と孤独で影の薄い<僕>のコンビの奇妙さに、周囲のクラスメートは驚き、ついに<僕>のストーカー説まで出回るほどになる。そして秘密を共有したふたりには、予想していたものとは別の結末が待っていた……。

 著者は、「小説家になろう」という小説投稿サイトで本作が話題となり、異色のデビューを果たした新人作家。衝撃的なタイトルもさることながら、人が人を必要とする意味を読み手に考えさせる温かな読後感が共感を呼び、初版3万部から累計7万部に達した。新人作家の文芸書としては異例のヒットを記録している。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  7. 7

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  8. 8

    辺野古「県民投票」不参加表明 沖縄県“アベ友”5市長の評判

  9. 9

    広島・誠也が打点王宣言も “新3番”長野に丸の代役務まるか

  10. 10

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

もっと見る