• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「君の膵臓をたべたい」住野よる著

 人に興味がなく本ばかり読んでいる高校生の<僕>は、盲腸の術後の抜糸のために行った病院で、「共病文庫」と手書きで書かれている一冊の本を拾う。開いてみると、それは膵臓の病気で死が近い人が書いている日々の記録で、その書き手は人気者のクラスメートの山内桜良だった。

 桜良の秘密を知ってしまった<僕>は、今まで全く縁のなかった桜良に秘密を他言しないことを約束させられただけでなく、誘われるままあちこち連れ回される。常に人に囲まれる桜良と孤独で影の薄い<僕>のコンビの奇妙さに、周囲のクラスメートは驚き、ついに<僕>のストーカー説まで出回るほどになる。そして秘密を共有したふたりには、予想していたものとは別の結末が待っていた……。

 著者は、「小説家になろう」という小説投稿サイトで本作が話題となり、異色のデビューを果たした新人作家。衝撃的なタイトルもさることながら、人が人を必要とする意味を読み手に考えさせる温かな読後感が共感を呼び、初版3万部から累計7万部に達した。新人作家の文芸書としては異例のヒットを記録している。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  2. 2

    錯乱答弁を連発 テレビ討論でバレた安倍首相の薄っぺらさ

  3. 3

    右肘手術をさせたいエ軍と避けたい大谷翔平…暗闘の全内幕

  4. 4

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  5. 5

    「9.16」引退宣言 安室奈美恵がこの1年で稼いだ驚きの金額

  6. 6

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  7. 7

    今季ワースト4日間7097人 男子ツアーの閑古鳥は誰の責任か

  8. 8

    降って湧いた放映権問題で…LPGAと大会主催者の対立が激化

  9. 9

    iPhone入手困難に? 米との貿易戦争激化で中国に“奥の手”

  10. 10

    大谷“19勝&350打席”監督予言 2年後には年俸総額150億円も

もっと見る