「ぼくらの民主主義なんだぜ」高橋源一郎著

公開日:  更新日:

 朝日新聞で連載中の「論壇時評」の4年分をまとめたもの。小説家である著者が時評を開始したのは東日本大震災が起こった翌月の2011年4月。その第1回は放射能汚染を恐れて「疎開」する母子の情景から始め、テレビや新聞のみならずネットなどあらゆる場所で「震災と原発」をめぐることばがあふれている現在、この国のあらゆる場所が「論壇」となったとする。そして、この災禍を前に、壊滅した町並みだけでなく、人びとをつなぐことばもまた「復興」されなければならないと締めくくられる。

 その後も、マンガ、ラジオ、映画、ツイッター等々、従来の総合雑誌を中心にした「論壇」とは異なる分野の言説を積極的に取り上げて、「震災以後」の思考とことばのありさまを論じていく。そのキーワードが「民主主義」だ。手垢にまみれた「民主主義」ということばをどうやって新たに意味づけることができるのか。そう問い続けられている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  4. 4

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  5. 5

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  6. 6

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  7. 7

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  8. 8

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  9. 9

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  10. 10

    実力は和牛でも…霜降り明星「M-1優勝」のメンタルを分析

もっと見る