「ぼくらの民主主義なんだぜ」高橋源一郎著

公開日:  更新日:

 朝日新聞で連載中の「論壇時評」の4年分をまとめたもの。小説家である著者が時評を開始したのは東日本大震災が起こった翌月の2011年4月。その第1回は放射能汚染を恐れて「疎開」する母子の情景から始め、テレビや新聞のみならずネットなどあらゆる場所で「震災と原発」をめぐることばがあふれている現在、この国のあらゆる場所が「論壇」となったとする。そして、この災禍を前に、壊滅した町並みだけでなく、人びとをつなぐことばもまた「復興」されなければならないと締めくくられる。

 その後も、マンガ、ラジオ、映画、ツイッター等々、従来の総合雑誌を中心にした「論壇」とは異なる分野の言説を積極的に取り上げて、「震災以後」の思考とことばのありさまを論じていく。そのキーワードが「民主主義」だ。手垢にまみれた「民主主義」ということばをどうやって新たに意味づけることができるのか。そう問い続けられている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    妻のがん治療のため売却した愛車が…17年後の家族愛の物語

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    妊娠を“計画”発表…前田敦子「デキ婚」かたくな否定のウラ

  10. 10

    樹木希林さんも別居婚 民法上の気になること弁護士に聞く

もっと見る