「ぼくらの民主主義なんだぜ」高橋源一郎著

公開日: 更新日:

 朝日新聞で連載中の「論壇時評」の4年分をまとめたもの。小説家である著者が時評を開始したのは東日本大震災が起こった翌月の2011年4月。その第1回は放射能汚染を恐れて「疎開」する母子の情景から始め、テレビや新聞のみならずネットなどあらゆる場所で「震災と原発」をめぐることばがあふれている現在、この国のあらゆる場所が「論壇」となったとする。そして、この災禍を前に、壊滅した町並みだけでなく、人びとをつなぐことばもまた「復興」されなければならないと締めくくられる。

 その後も、マンガ、ラジオ、映画、ツイッター等々、従来の総合雑誌を中心にした「論壇」とは異なる分野の言説を積極的に取り上げて、「震災以後」の思考とことばのありさまを論じていく。そのキーワードが「民主主義」だ。手垢にまみれた「民主主義」ということばをどうやって新たに意味づけることができるのか。そう問い続けられている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍首相「桜を見る会」で“買収”疑惑 公金私物化の元凶は

  2. 2

    女子プロ随一の人格者・笠りつ子の暴言騒動に「意外」の声

  3. 3

    NHK岩田明子氏 祝賀パレード特番で“安倍総理”連呼の違和感

  4. 4

    前夫の浮気に子育ての苦労…菊池桃子「再婚」までの凸凹道

  5. 5

    モリカケの次は英語民間試験 文教利権貪る「清和会」の罪

  6. 6

    レンタルなんもしない人 森本祥司さん<1>流されて会社員に

  7. 7

    石川秀美が地元誌に語った薬丸との最先端“ハワイ別居”生活

  8. 8

    メジャー挑戦 球界No.1二塁手広島・菊池涼介の意外な評価

  9. 9

    昭恵夫人また非常識露呈「饗宴の儀」に“訪問着”和服で出席

  10. 10

    原監督が大城ベタ褒めで G小林に課せられる“世界一の捕手”

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る