日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「リバース」湊かなえ著

 主人公は、オフィス機器や事務用品を扱う会社に勤めるサラリーマン・深瀬和久。特に夢もなく平凡な日々を送っていたが、唯一コーヒーをうまくいれることだけには自信があった。

 そんなこともあってコーヒー豆専門店で知り合った越智美穂子と付き合いはじめ、人生に明るい兆しが見えてきたかと思ったとき、「深瀬和久は人殺しだ」と書かれた手紙が美穂子の勤務先に届く。

 問い詰められた深瀬は、かつて事故死した友人・広沢由樹のことを思い出す。その事故当時に関わりのあった同じゼミ生に連絡をとると、彼ら全員に同様の手紙が届けられていた。事故死した広沢は酒を飲んで車を運転したのだが、ゼミ生の誰もが彼の運転を止めなかったのだ。

 いったい誰が手紙を出したのか。真相を知るべく、深瀬は広沢の人生をさかのぼって調べ始める。そこで明らかにされた事故死の真相とは……。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事