「玉の井という街があった」前田豊著

公開日:  更新日:

 隅田川の東隅にかつてあった私娼街「玉の井」と、そこに生きた人々の姿を記録したエッセーの復刻版(1986年刊)。

 玉の井のはじまりは、大正12年の関東大震災で焼け出され浅草から移住してきた銘酒屋街。昭和20年3月の大空襲で焼失するまでわずか20余年の歴史しかない。隅田川を挟んだ公娼街「吉原」とは対照的に、みすぼらしい二階屋が並ぶその街は、路地が入り組み、一度足を踏み入れると容易には出られない迷路のようだったという。女性たちが小窓から路地を行き交う男たちを誘うその風景から、街に通った有名人たちのエピソードまで、自らの体験と取材をもとに、よく知られていないその実像を描き出す。

(筑摩書房 800円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  2. 2

    巨人ナインに深刻“長野ロス”…超気配り男の逸話伝説も数々

  3. 3

    裏交渉も暴露され…ロシア人も哀れむ安倍政権“土下座”外交

  4. 4

    自公3分の2圧勝シナリオ 1.28通常国会“冒頭解散説”急浮上

  5. 5

    海老蔵は“秒読み”? 没イチ男性が死別再婚する時の注意点

  6. 6

    仏当局捜査“飛び火”か 五輪裏金疑惑で日本政界が戦々恐々

  7. 7

    経団連会長が転換 「原発どんどん再稼働」に飛び交う憶測

  8. 8

    また生え抜き看板…巨人“大チョンボ”長野流出の真相と波紋

  9. 9

    アニキが勧誘も…前広島・新井が「阪神コーチ」断っていた

  10. 10

    初登場G球場で“孤独トレ” 丸は巨人で「我」を貫けるのか

もっと見る