「玉の井という街があった」前田豊著

公開日: 更新日:

 隅田川の東隅にかつてあった私娼街「玉の井」と、そこに生きた人々の姿を記録したエッセーの復刻版(1986年刊)。

 玉の井のはじまりは、大正12年の関東大震災で焼け出され浅草から移住してきた銘酒屋街。昭和20年3月の大空襲で焼失するまでわずか20余年の歴史しかない。隅田川を挟んだ公娼街「吉原」とは対照的に、みすぼらしい二階屋が並ぶその街は、路地が入り組み、一度足を踏み入れると容易には出られない迷路のようだったという。女性たちが小窓から路地を行き交う男たちを誘うその風景から、街に通った有名人たちのエピソードまで、自らの体験と取材をもとに、よく知られていないその実像を描き出す。

(筑摩書房 800円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    柔道金メダリスト内柴正人さん 第2の人生は“銭湯のオヤジ”

  2. 2

    三浦春馬さん“遺書”に記された孤独と苦心惨憺…鬱状態にも

  3. 3

    三浦春馬さんに金銭を無心か…「母親の過去」と死の動機

  4. 4

    東出昌大は離婚で“焼け太り” 映画出演での快進撃が始まる

  5. 5

    三浦春馬「14年ギャラクシー賞」贈賞式ドタキャンの不可解

  6. 6

    和歌山県 仁坂吉伸知事に聞く「和歌山モデル」の全貌

  7. 7

    裏金作りにキャバクラ接待 鹿島建設は“組”時代と変わらぬ

  8. 8

    三浦春馬さん“前兆なき死”の謎…直前に何か物凄いことが?

  9. 9

    都会に住むとわからない…地方の“新型コロナ差別”の実態

  10. 10

    長谷川博己も沈黙…撮影再開「麒麟がくる」はまるで“通夜”

もっと見る