「日本歓楽郷案内」酒井潔著

公開日:  更新日:

 今から80年以上も前(昭和6年)に刊行された風俗探訪記。

 1、2年前から大阪商人たちが乗り込んで東西カフェー合戦が始まった銀座で、密かに営業する高等魔窟。表向きはそうと分からぬ粋な構えの一軒家で、酒も料理も出ない。相手をしてくれる女性たちは、玄人ではなく中流以上の夫人や、デパートの女など、客の希望に応じて用意され、チェンジもきくという。その他、江戸時代さながらの吉原遊びや、娼妓がダンスをするという新宿の遊郭など。さらに大阪や神戸まで足を延ばし、女性たちとの駆け引きをリアルにつづりながら、各地の遊びの最先端を自ら体験報告する。

(中央公論新社 880円)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  2. 2

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  3. 3

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  4. 4

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  5. 5

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  6. 6

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  7. 7

    日米野球で打率4割 SB柳田“33歳でメジャー挑戦”の現実味は

  8. 8

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  9. 9

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  10. 10

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

もっと見る